« November 2008 | メイン | January 2009 »

December 26, 2008

〜すずき矯正歯科〜 第43回 ワイヤー交換・スプリング装着・埋伏歯の捻転矯正

本日のメニュー

■歯型(印象)とり
■ワイヤー調整・装着
■スプリング再装着
■埋伏歯の捻転調整



■AKO日記より■


11月25日 今日までのスプリングのつけ方では、食事の際に口を大きく開けた後、スプリングが挟まり食べ物を噛めずにいました。今日はそのことをお伝えし、少しつけ方を調整して頂いた。ちゃんと食事ができるとよいのですが。


待合室にて。
Ako:この前、欠けたってお話をした右下の歯をもってきたんですけど……。

s43-01.jpg

小さい白いかけら。プラスチックのように硬くはない感じがする。歯……?それとも、プラスチックの詰め物……? 素人目には、よくわからない。

■診察

s43-02.jpg

Doc.:ちゃんとごはん食べられましたか?
前回、スプリングが口の中で回転して、ごはんが食べられないという話をしたので、先生も心配してくださったのだろう。
Ako:前よりは食べられました。それと、今回、下の小さいワイヤーがとれてしまいました。
Doc.:そのようですね。でも下をしばっていた2本のうちの1本なので大丈夫です。右の下の隙間を埋めるので、歯の移動にはもう少し時間がかかりそうですね。スプリングが口の中で邪魔なようでしたらインプラントにしますか? インプラントもスプリングと効果は違いませんが、邪魔にはなりませんからね。
Ako:でも、インプラントは、ここ(すずき矯正歯科)で打ってはいただけないんですよね?
Doc.:そうですね。東京歯科大水道橋病院の口腔外科なら紹介しますよ。あるいは、インプラントが得意な先生にやってもらったほうがいいですね。長谷川先生にきいてみますか?
Ako:もし、長谷川先生のところでインプラントを打っていただけたとしたら、インプラントをうってすぐにこちらに来てインプラントにワイヤーをかけてもらえるものですか?
Doc.:たしかに「即時」というやり方もあるけれど、一週間ほど休ませて、キズを治してから治療を再開したほうがいいと思いますよ。
Ako:インプラントというのは、どれくらいの大きさのものですか?
Doc.:直径1.6ミリ、長さ6 ~8ミリ程度ですね。
Ako:年末、長谷川先生にお願いして、正月にキズをなおして、年始にワイヤーをかけていただけたらいいかなって思ったのですが……。
Doc.:そうですね。ただスプリングにしても、もうそんなに長い時間はかかりませんので、両側にスプリングをつけるというのでもいいような気がするんですけどね。ひとまず、歯の前後関係を見るために型をとって噛み合わせをみてみましょう。

■型(印象)とり
歯の模型を作成するための型をとる。

s43-03.jpg
 
型を取る前に、フロスをして、歯をきれいにする。

s43-04.jpg
   
印象材という白い粘土のようなものをトレイに入れて口に入れ、型をとる。
ところが、これは型をとるための材料だから、口の周りについたときに、固まってしまって、なかなかとれない。型とりの最後に、歯科衛生士さんが歯を磨いて、残っている印象材を取り除いてくれた。

s43-05.jpg

歯の模型ができるまで、いったん、待合室に出て待つことになった。
歯の模型は、一般的に同じ日にはつくってもらえない。今とった歯型ですぐに模型を見せてもらえるのは、うれしい。待合室で、待つこと10分以上。ようやく歯の模型ができたようだ。

再び診察室へ。できたての歯の模型を前に、今後の治療方針を説明してもらう。

s43-06.jpg

Doc.:やはり、こうやって型をとってみると、前歯が分厚くて、かたちも“シャベルティース”なので削ったほうがいいかもしれません。
Ako:シャベルティースってなんですか?
Doc.:シャベル(土を掘る道具のシャベル)の形をした歯、という意味です。上の歯を削らないと、下の前歯を前に出そうとしても、ひっかかって出てこないのです。

s43-07.jpg

Doc.:上の3、5番が大きいですね。移植歯も、もう少し噛み合うようになったら、つくりなおしたほうがいいです。
Ako:歯列が内側にキューっと寄っているような気がするんですが、もっと下の歯列を外側に出すことはできますか?
Doc.:それはできますよ。次回ぐらいに歯を削るか、あとはインプラントを使うかどうかですね。どちらにしても、スプリングを我慢していただくのは、あと2~3ヵ月程度です。
ほら、模型を見てください。右下の5番を抜いて移植しているので、右下のスペースはこの5番と同じ大きさあったということですから、大きさを比較してみて、もう三分の二は動いたということがわかります。

s43-08.jpg

Doc.:左はスプリングをつけなくても大丈夫です。右側にもしインプラントをうつなら、ここか、ここか……

s43-09.jpg

Doc.:あとは長谷川先生にきいておきますから。
Ako:はい。

■ワイヤー調整・装着
<上顎>

s43-10.jpg

s43-11.jpg

s43-12.jpg

<下顎>

s43-13.jpg

右下はアクティブタイバックをかける。

■スプリング再装着

s43-14.jpg
 
スプリングの上と下の装置をそれぞれセットして、最後に上下をはめる。

Doc.:今回の調整は、左下を前に、右下は奥歯を前へとひっぱりだして、下の歯列の横幅をひろげるようにおこないました。正中ももうすぐ合うと思いますよ。今日はこれでおしまいです。長谷川先生にも電話しておきますね。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2009年1月23日10:00~

本日のお会計:5,250円

投稿者 shino : 04:21 AM | コメント (0)