« May 2005 | メイン | July 2005 »

June 24, 2005

~すずき矯正歯科~ 第4回 診断の続きとスプリントの調整

本日のメニュー

▼診断
▼顎の位置の経過観察
▼咬み合わせと顎関節チェック(O−リングテスト)
▼スプリント調整



Ako日記
6月10日 スプリント受け取り。着けてみる。ピッタリ。かなりピッタリで取るのに少し力が要る。待合室で待たされている間、着けてみるが、異物があることを舌が触りにいってしまうので、その都度、吐き気が。これでは話すことも出来ないと2度ほど「オエーッ」としたあと涙を流しながら10分ほどで装着中止。

帰りの電車で再チャレンジしたが、舌は動かせない!動かさないようにして、存在を忘れようとするがやはり「オエーッ」。またまた10分ほどではずす。周囲の人につわり?と心配されたかも。
就寝時、着ける。心を「無」にし、「意識しないように…」と意識し、休む。

6月11日 朝6時まで熟睡。目覚めるとすごく強く歯を噛みしめていることに気付く。そしてすぐはずす。少し経って、自分がドラキュラになって「ガオーッ」とキバを剥いた夢を見ていたことを思い出した。

夜10時装着。昨夜より少し慣れたが、強く噛みしめて気分をゴマかす。「オエーッ」と言ってしまいそう。

6月12日 朝、またまた強く噛みしめたまま目が覚める。そのままで話をすると「もごもご」と伝わらないので、外して「おはよう」。

夜9時になったら装着。「先生は12時間着けてと言っていたけど、無理なら9時間ぐらい」と言っていたので、6時起きでちょうどいいわ。

6月13日 ずいぶん慣れた気はするが、「いつでも吐ける!」という自信も。朝はやっぱりすぐはずす。日中に着けるのはムリです。(会話ができないので…)

6月14日 この日は着け忘れて寝てしまった…。

6月15日 夜9時から朝6時のみと決めているが、一週間経たないのに、既に飽きてきた。まだまだ顎は鳴っている。

6月16日 スプリントのせいか、昨日から口内炎ができていて、食事や歯みがきが憂鬱に…。

6月24日 心なしか顎の痛みが軽くなってきた。口を開ける時、慎重にしていたのがなくなった。以前はゴリゴリゴリゴリという音とともに口を開けていたのが、パキという感じ。

今日は診断の続きとスプリントの調整。早くむし歯の治療をしたい。まだなのかな。先生に聞いてみよう。

埋伏歯は、右上4番を抜歯して取り出したいと思う。手術に抵抗はないので、10日間で取り出す方法でもいいかな。でも、夫は一年かけて取りだした方がいいんじゃないかと言う。費用はどう違うんだろう。


■診断 
▼矯正治療計画書<診断>を読み上げながら説明
4-1.jpg
4-2.jpg ・ 矯正治療後の再治療
・ 埋伏歯(上顎右側犬歯<右上3番>)
・ 上顎やや前方位(平均内)、下顎骨やや後方位(平均内)、上下顎前後差あり
・ 上顎前歯後方傾斜、後方位、下顎前歯傾斜平均的
・ 左側上下顎第一小臼歯抜歯(上下4番)
・ 右上3番埋伏
・ 後方歯右側は右上3番埋伏のため上顎が前方へ転位(8ミリ)
・ 左側は上顎が下顎より前方(3〜4ミリ)
歯列正中下顎2ミリ左変位
・ 上下ともに歯列幅が狭い
・ 下顎前歯に乱排
・ 親知らず(上下左右8番)なし
・ 左側上1、2番、下1、2、3、5番は右側よりわずかに歯根短い
・ 歯の神経なし右上4番、左下6番、ただし、右上2番歯根尖に、右上尖頭が接触し、右上2番歯根吸収の可能性あり。
・ 横顔口元のバランスは良好
・ 顎関節雑音、筋肉に圧痛
<治療方針として>

(1)顎関節、筋肉の安静をはかり、下顎の正しい位置を知るためスプリントを使用
(2)下顎が左後方変位しており、スプリントによって右前方へ下顎位置が移動した時、その程度により治療方針が変わります。
(3)治療 
(A)非抜歯 右上7、6、5、4番後方移動、右上3番牽引
(B)抜歯  <B-1>右上3番抜歯
       <B-2>右上4番抜歯 右上3番牽引
       <B-3>右上3番牽引、右上下4番抜歯
(4)歯の大きさのバランス 左右2、5、6番 場合により大きさを調整

Doc.:ただし、顎を動かさないで歯の位置を決めるということであれば、この中から治療方針を選ぶけど、スプリント療法によて、顎の位置がどうなるかわからない。つまり、顎の位置が決まってからでないと治療方針は確定できないんですね。顎の位置が定まれば、歯をどこに動かしていいか決まりますから、治療方針の確定はそれからになります。
4-3.jpg Doc.:アーチが狭いですね。
4-4.jpg Doc.:下の左右3番の位置が非対称なので、その位置に上を合わすか、下の左右3番を対称にして上を合わせるか。しかし、上の正中は顔の中心線に合っているので、上はそのままいった方がいいですね。それで下の真ん中を右に2ミリ持ってこなくちゃいけないね。

Doc.:上の歯が内側を向いているので、下の歯が前に出て来れず、下顎が後ろに下がっている。これが顎の痛みの原因のひとつですね。
Ako:歯の大きさを揃えるというのは、削るということですか?
Doc.:そうです。
Ako:削って、むし歯になりやすくなったりしませんか?
Doc.:エナメル質の半分ぐらいを削るので大丈夫です。奥歯は、1ミリ、前歯は0.5ミリぐらい削る分には影響ないです。

Ako:虫歯の治療はいつやるんですか
Doc.:左下の6番?自覚症状はありますか。
Ako:痛いというかじわーというか。歯医者に行ったら、抜いた方がいいんじゃないかと言われ、もう一軒の歯医者では、抜かないで磨き続けて今の状態を維持した方がいいんじゃないかと言われました。その時は矯正をしようかと思っていたので、抜かずにそのまま置いておこうと思ったんです。むし歯を全部治してから矯正治療に入るんですか?
Doc.:緊急に治さなくちゃいけないものだけ、先に治療してもらいますが、矯正治療が終わってからでいいものに関しては、そのままで矯正治療に入ります。見たところ明らかにこれはむし歯という感じはないですね。

Ako:スプリントを着けていると吐き気がするんですが…。
Doc.:できるだけ薄く作ってあるんですがね。誰でも歯を噛み合わせて少ししたらちょっとだけ口が開くんですね。その範囲だったら大丈夫だと言われているんですが。頑張ってください。

■顎の位置の経過観察

▼今の時点での顎の位置の変化を記録
4-5.jpg
4-6.jpg 4-7.jpg 4-8.jpg
前歯の位置を確認。→
咬合紙をカチカチ、削って調整。
→奥歯の型を取る。→ 石膏歯型に装着して、今の状態の顎の位置を記録として残す。

▼前歯にピンを着けて、口の開き方をビデオで記録
4-9.jpg
4-10.jpg 4-11.jpg 4-12.jpg
ピンを前歯にボンディングして、口の開き方を正面からと横からビデオに記録します。

▼口の開きを記録
4-14.jpg 口が何センチ開くかチェック。-->3.8センチ。

■O-リングテスト
4-13.jpg
前回と同じように「咬み合わせ、顎関節チェックシート」に従って現在の状態をチェック。

■スプリント調整
4-15.jpg 4-16.jpg 咬合紙をカチカチし、スプリント装着寺に咬んでいる位置を調べていらないところを削る。

所要時間:約60分 本日のお会計:1,850円(保険適用)

 次回の予約2005/07/08 11時

本日のおみやげ
・ 矯正治療計画書
・ 矯正治療をはじめるにあたっての契約書


本日の感想
早くむし歯治療をしたかったんですけど、矯正治療までにしないのかもしれないですね。次回はむし歯の詳しいチェックがあるということなので、その時に決まりますよね。

スプリントは本当に効果が出ている感じがして嬉しいですね。オエーッとなるのをどうにかしてほしいけど。我慢するしかないんですね。頑張ります。

投稿者 shino : 09:24 PM | コメント (0)

June 10, 2005

~すずき矯正歯科~ 第3回 スプリント治療開始!

本日のメニュー

▼診断
▼スプリント調整
▼咬み合わせと顎関節チェック(O−リングテスト)
▼デンタル(レントゲン)撮影


Ako直前日記
今日はスプリントができているんですよね!楽しみです。顎がどう変わってくるのか、顎が痛いのが治るのか期待しています。
レントゲンも撮ると聞いているので、まだ検査が続く感じかな。スプリントってどんなものか、早く見てみたいです。


■診断 
パソコン画面のセファロを元に分析された数値を見ながら診断
3-1.jpg
3-2.jpg
Doc. :青が現在の位置、赤が矯正後の予想図ですね。出っ歯がどうのという症状ではないので、あまり変わりはないですね。
問題点:上の前歯が内側にほんの少し倒れている。

▼セファロと、セファロをトレースしたものから診断
3-3.jpg
3-4.jpg
<側貌>
Doc. :黒の線が日本人女性でかみ合わせのいい人の平均、緑の線がAkoさんのレントゲン写真をトレースしたものです。
左の図は、頭の方から見て上顎が出ているか引っ込んでるか、同じく下顎が出ているか引っ込んでいるかを見ます。

問題点:上顎の方が若干出ている、下顎が若干引っ込んでいる。でも平均の範囲内です。

Doc.:右の図は、目と耳を結んだ線を地面と平行にした時の歯の出具合、傾き具合を見ます。
問題点:先ほどと同じ上の前歯が若干内側に倒れている。
Doc.:顔の中のバランスがとれていればいいので、Akoさんの場合は平均の範囲内。横顔に問題はありませんね。
3-5.jpg
3-6.jpg
問題点:鼻中核が曲がっている。
Doc. ケガをした訳じゃないんなら生まれつきかな。鼻に問題がなければ、このままで大丈夫です。

▼歯型石膏模型と頭蓋骨の中の顎の位置を再現したものから診断
3-7.jpg
左:歯型模型 右:頭蓋骨の中の顎の位置を再現したもの
Doc.:歯の大きさにアンバランスがありますね。
Ako:押されて大きさが変わったってことですか?
Doc.:歯の大きさは生まれつきですね。削ったりしなければ大きさは変わりません。

Doc.:左の奥歯は上下がずれているので、上の歯を後ろに誘導するんだけど、余りがでますね。どうしようかな。
Ako:アーチに丸みをつけることで変わってきますか?
Doc.:若干変わりますね。でも、左に2ミリ寄っているのをどう治すかですね。3番目の位置が左右違うのを治さなくちゃね。

Doc.以前の矯正治療の結果なのかわかりませんが、上の前歯が内側に倒れているんですね。歯冠は動いているけど、歯根は動いてない。これによって、顎の位置が後ろに下がっているんですね。顎の痛みの原因じゃないかな。
3-8.jpg <問題点>
1. やや歯並びの幅(アーチ)が狭い。
2. かみ合わせの前後関係は右側は正常だが、左側はずれている。アングル分類2級。
3. 歯の大きさにアンバランスがある
4. 下の歯のアーチが左に2ミリずれている。
5. 上の前歯が内側に倒れているため、顎の位置が後ろに下がっている。これが顎の痛みの原因のひとつではないか。
6. 3番の顎の動きの誘導の仕方が悪い。顎が動く時に3番の接触が少ないため、4番が代替えして行ってるが十分にできていない。これも顎の痛みに影響している可能性がある。
<治療法>
歯の矯正を始める前にスプリントを使って、顎の位置を正しくし、筋肉の安静をはかる。問題点6を解消してから矯正治療に入りましょう。

▼埋伏歯をどうするか
3-9.jpg Doc.:今のまま放っておくと、横向きに埋まっているので、下にある歯の根っこと接触したら根っこが溶けてしまいます。他にも何かの要因になってしまう可能性があるので、取り出した方がいいでしょう。
Ako:はい。お願いします。
<治療法案1> 奥歯を後ろへ動かしておいてスペースを作り、埋伏歯を取り出す。
       (8ミリのスペースが必要なので大変かもしれない)
<治療法案2> 右上4番を抜歯してスペースを作り、埋伏歯を取り出す。
Ako:右上4番はむし歯になっているので、抜歯するのに特に抵抗はないのですが、顎がどんどん小さくなるんじゃないかと心配です。もともと顎が小さいので…。奥歯がどんどん少なくなっても大丈夫なんでしょうか。
Doc.:もちろん、歯は揃っていた方がいいですが、咬み合わせの問題ですので、問題はありません。
<埋伏歯の取り出し方案1> 開窓してブラケットを着け、1カ月に1ミリぐらい牽引し、1年ぐらいかけて取り出す。
<埋伏歯の取り出し方案2> 根の周りを切開して、歯にネジを取り付けて牽引する、外科手術を伴う方法。1日1ミリ動くので、10日ぐらいで取り出せる。ただし、適応できるかまだわからない。
Ako:2案は、外科手術ですね。食事はできますか?
Doc.:大丈夫ですよ。
Ako:痛みはありますか。
Doc.:切るからそこに痛みが集中して痛いです。
Ako:1案の方が安全ですか。
Doc.:何ともいえないですね。
Ako:いつまでに決めたらいいでしょうか。
Doc.:スプリント療法が2〜3カ月かかりますので、その間ゆっくり考えてください。


■スプリントの調整
Doc.:このスプリントは現在、下の歯の山の頂点が均等に上の歯と接触するよう造られています。でもそれが正しい位置とは限らない。出発点です。咬んでいるうちに下の歯が自由に動き、咬みやすい、顎が楽な位置を顎が探し、最終的に正確な位置に安定します。
3-10.jpg 3-11.jpg 3-12.jpg 3-13.jpg
↑これがスプリント。 上の歯だけに着ける。 ↑この機械で削って調整します。
Doc.:きついですか?
Ako:すごくぴったり。前歯が全体的にきついです。
−削って調整して…
Doc.:もう一度着けてください。咬合紙をカチカチしてください。
3-14.jpg 3-15.jpg
↑咬合紙。カチカチと咬むとスプリントに咬んでいる点に色が付きます。
3-13-2.jpg
3-11-2.jpg 3-15-2.jpg 3-13-2.jpg 3-11-2.jpg 3-15-2.jpg 3-13-2.jpg 3-11-2.jpg
削る→
着ける→
カチカチ→
削る→
着ける→
カチカチ→
削る→
着ける
Doc.:今度は、咬合紙を左右にギリギリしてください。
Doc.:顎が左右に動いた時に奥歯はあたらない方がいいんです。3番があたるように誘導します。
3-13-2.jpg
3-11-2.jpg 3-15-2.jpg 3-13-2.jpg 3-11-2.jpg 3-15-2.jpg 3-13-2.jpg 3-11-2.jpg 3-15-2.jpg
削る→
着ける→
ギリギリ→
削る→
着ける→
ギリギリ→
削る→
着ける→
ギリギリ
Doc.:ハイこれでいいですね。


■O−リングテスト
では、親指と人差し指の先をくっつけて、アルファベットの「O」を作ってください。O-リングテストで、咬み合わせ、顎関節チェックを行いましょう。O-リングテストというのは、私が両手でAkoさんのO-リングを左右に開こうとすると、Akoさんは開かれまいと抵抗する、その指の筋力によって脳が筋肉に及ぼす反応を読みとるという方法です。
▼咬み合わせ、顎関節チェックシートに沿って確認
・下顎関節の触診(右・左)
・筋肉の触診(右・左)
・下顎の位置(位置異常の有無、咬合紙による咬み合わせのチェック)
・開口位
・頭の姿勢
・歯、歯列と舌、口唇、頬部の干渉
・歯と歯の間の接触状態
・体の補償の有無

▼全体的なチェック
・骨、関節:頭蓋、首から下(肩・腰・膝・足首・脊柱・仙骨)、体のねじれ、前後屈
Doc.:スプリント療法をすればまた変わってきますので、チェックしましょう。スプリントは一日12時間着けてくださいね。


■デンタル(レントゲン)撮影
3-16.jpg 詰めている歯の中がどうなっているか…撮影!結果は次回。ありがとうございました。

所要時間:約60分 本日のお会計:6,790円(保険適用)

 次回の予約2005/06/24 11時

本日のおみやげ
3-17.jpg スプリントケース


本日の感想
スプリントができていたので嬉しいですね。着けると・・喋れませんが。慣れるのかな。今のところは喋れません。着けた感想は、キッチリ!!って感じ。きついですね。矯正するという実感が湧いてきました。

今日は診断の説明を聞いて、埋伏歯をどうするか・・悩みますね。手術して10日ぐらいで取り出した方がいいのか、一年かけて取り出す方がいいのか。まだすぐには決められませんね。

スプリントの調整をとても丁寧にしてくださったのには感激しました。少しずつ削って歯に合わせて、また削って・・。ありがとうございました。O-リングテストは不思議でした。抵抗してるんだけど、指が開いてしまったり…。本当に咬み合わせや顎関節のことがわかるのかしら。不思議です。

投稿者 shino : 09:22 PM | コメント (0)

June 03, 2005

~すずき矯正歯科~ 第2回 精密検査

本日のメニュー

▼頭部エックス線写真(側貌・正貌)
▼印象採得(歯型採取)
▼咬合採得
▼問診

Ako直前日記
前回は一般的な矯正についての話だったので、自分の顎や歯がどんな状態になっているのか、早く先生にはっきり診断してもらいたい!顎のずれをまず正すということだったけど、今の位置からすごーく変わるのかなあ。でもまだ今日は資料を採るだけですね。早く進展してほしい。楽しみ!


■頭部エックス線写真撮影
2-1.jpg
2-2.jpg
2-3.jpg
こんな格好でレントゲン室へ!耳と頭を固定されて・・・撮影!

■印象採得(歯型採取)
2-4.jpg
2-5.jpg 2-6.jpg
海草から出来ているという印象剤をネリネリする。
2-7.jpg
2-8.jpg
トレーに入れて、口の中へ。ギュギュギュと歯型を採ると・・こんなのできました。少し置いておくと固まる。
▼印象剤が固まるまでの間に、石膏をネリネリします。
2-9.jpg
2-10.jpg 2-11.jpg 2-12.jpg
石膏をネリネリして機械で振動を与えながら気泡を出す。それを先ほどの歯型に詰めて、ペタペタペタペタ。美味しそうなものができました!固まるまで待ちます。ハイ。できあがり!

■咬合採得 フェイスボウを頭に装着して、頭蓋骨の中の上顎の位置を確認します。
2-13.jpg
2-14.jpg 2-15.jpg 2-16.jpg
お湯に浸かっているのは、バイト 下はフェイスボウ。歯型模型の噛み合わせ位置を確認するためのバイトをギュギュと噛みます。

■問診 主訴、既往歴、現病歴、現症の把握が目的です。
★ 主訴(本人が一番治したいこと)
2-17.jpg
▼顎関節症の症状(顎が鳴る)
▼正中のずれ

★ 既往歴 2-18.jpg
▼これまでの大きな病気
なし
▼外傷 なし
▼アレルギーの有無(金属装置を使うため)
以前アトピー性皮膚炎(現在は特になし)
▼鼻咽喉の病気(顎の位置に影響を及ぼす可能性があるため) なし

★ 現病歴(主訴の経過)
2-19.jpg
▼顎関節症の症状 20歳ごろから
▼正中のずれ 24歳から28歳までの矯正治療による
▼右上3番の埋伏歯 不明

★ 現症 2-20.jpg
▼むし歯のチェック むし歯8カ所
▼顎の関節や筋肉が緊張状態にあるかチェック 結果は後日
▼かみ合わせのチェック 結果は後日、咬合採得を分析
▼顔を正面・側面からチェック 正面:頤唇溝(いしんこう)に少しへこみ(上の歯が少し出ているのが影響している)
側面:やや下顎が引っ込んでいる
▼唇の感じ 正常
▼E-ライン  E−ラインに対し、上下口唇ともに0.5ミリ前方。平均範囲
▼ミッドライン(顔の中心に歯の中心が合っているか) 上は合っているが下は左に2ミリずれ
▼上下の大臼歯の前後関係 アングル分類Ⅱ級(上が前に出て下が後ろに下がっている)
▼オーバージェット(前歯の前後関係) 下の前歯と上の前歯の間3ミリ。正常
▼かみ合わせの深さ 2ミリ。正常
▼頭痛・肩こり・首・腰・背中 特に問題なし

所要時間:約60分 本日のお会計:52,500円

 次回の予約2005/06/10 11時


本日の感想
歯型の取り方がとても丁寧でびっくりしました。ついつい前回の矯正治療と比べてしまうのですが、前回がいかに雑だったかわかりましたね。(笑)院長先生も衛生士さんも世間話がまったくなく、歯に関する話ばかり。集中している感じが伝わりました。説明にはひとつひとつ資料を出してきて分かりやすく話してくださり、信頼感がアップしました。

投稿者 shino : 08:18 PM | コメント (0)