« June 2005 | メイン | August 2005 »

July 21, 2005

〜長谷川歯科診療所〜 第1回 初診相談

本日のメニュー

■レントゲン撮影
■問診
■診療室でレントゲンを見ながら診察
 ▼口腔内全体の所見
  1.歯の数の説明
  2.顎の関節の説明
  3.左右3番の歯の仕事
  4.埋伏歯について
  5.移植について
  6.顎関節のクリック音の原因
  7..左下6番について
 ▼口の中を診て診察
  1.左下6番について
  2.左下6番の治療法について
  3.Akoさんの希望
  4.左下6番の具体的な治療法の案


Ako直前感想
自由診療の歯医者なんて初めて!普通の歯医者さんとどう違うのかな。


■レントゲン撮影
h1-1.jpg
■診察室に入る前に問診
h1-2.jpg Doc.:顎の音がするのは左右どちらですか?
Ako:どちらもです。
Doc.:長時間、口を開けていられますか?
Ako:少し辛いです。
Doc.:スプリントはどれくらい着けていますか?
Ako:21時から6時までです。
Doc.:以前、矯正治療されたことはありますか
Ako:はい。その時も顎は鳴っていました。欠伸をする時にガクガク鳴っていたのと、正中がずれていたことが気になっていて、治療しましたが、最後までやっていません。
Doc.:左下6番のむし歯治療は何年前?
Ako:6年前でしょうか…。
■診療室でレントゲンを見ながら診察
▼口腔内全体の所見
h1-3.jpg 1.歯の数の説明

Doc.:歯は、親知らずを抜いて28本ありますが、Akoさんは歯数が揃っていないですね。
Ako:以前の矯正治療で左上下1本ずつ抜歯したのと、埋伏歯があります。
h1-6.jpg 2.顎の関節の説明

Doc.:顎の関節は特殊で、体の中で唯一左右同時に動く関節なんです。骨と骨が直接あたると磨り減ってしまうのでクッションになる円盤がある。それは体中同じです。大きく口を開けた時閉じる時に、関節円盤がついてくるとスムーズに動くんですが、ついてこないと様々なトラブルを引き起こします。
3.左右3番の歯の仕事

Doc.:口を開ける時にガイドになる3番目の歯がかぶせてありますね。正常に誘導していれば、左右同じ形、角度になってくるはずですが、Akoさんの場合は左右が違いますね。歯数の違いからも、かみ合わせがおかしくなっている可能性があります。

4.埋伏歯について

Doc.:埋伏歯は歯肉を切開した後で、レーザーで骨をパチパチと開けて、歯にフックを接着し矯正装置を着けて引っ張り出すという方法があります。外科手術ですが、そんなに大手術ではない。もっとも患者さんにとったら大手術なのかもしれませんが、特殊な症例というほどではありませんので安心してください。
h1-4.jpg 5.移植について

Doc.:埋伏歯が使える歯だと仮定すると抜歯して、他の場所に移植という方法もあります。ただし、いろんな条件があって、移植する歯の状態、移植する場所の状態がどうなのか、判断がむずかしいですね。
例えば、まず矯正治療をして右上4、5、6、7番を後ろへ下げて、埋伏歯が入るスペースを確保し、そこへ埋伏歯を外科手術で抜歯して、スペースに移植するということも考えられます。ただし、現実的に4本を後ろに動かして1本分のスペースを作るというのは難しいですね。

Ako:右上3番目の悪い歯はいらないので抜歯して、埋伏歯が使えるのなら入れ替えたいと思っているんですが。
Doc.:そうですね、それが現実的ですね。ただ、3番目の歯というのは、とても大切な歯であると言われています。前から3番目に位置する歯が悪いからと言って抜歯すると言うことは、何らかのトラブルが出る可能性もありますね。歯にはそれぞれ与えられた役割がある。埋伏歯が取り出せたとして、その歯が4番だとすると、3番目の歯の代用ができるかどうか…。ただ、埋伏歯の根がしっかりしているとすれば、取り出して使う価値はあるでしょう。

6.顎関節のクリック音の原因

Doc.:クリック音の原因は、左右の歯数の不一致から上下の歯の噛み合わせの位置と顎関節の位置のずれからきているのではないかと考えられます。

7.左下6番について

Doc.:左下6番の歯で困ることは何ですか?
Ako:気持ちが悪いことが一番です。腫れることはありませんが、食べ物が詰まったりして。歯間ブラシでゴシゴシやってしまいます。かぶせてあるので中がわからないけれど、むし歯になっていると以前歯医者で言われたことがあります。あとは、歯肉の黒ずみも気になります。
Doc.:歯肉が黒いのは歯の土台が銀合金だからですね。銀のアクセサリーが黒くなったりするでしょう?硫化しているんです。完全には戻らないと思いますが、かぶせもので何とかなるでしょう。
■口の中を診て診察
h1-7.jpg 1.左下6番について

Doc.:周りの骨が落ちていますね。奥歯は根が2本に分かれていて、普通はその股の少し上まで歯肉で埋まっていますが、Akoさんの場合、左下6番は2本の股のところが歯肉より上に出ています。最初から診ていないので確かな原因は分かりませんが、歯間ブラシをやりすぎて下がった可能性もありますね。
h1-8.jpg 2.左下6番の治療法について

Doc.:骨を元の位置に戻すのは大変難しいんです。ひとつの方法としては、歯を少しずつ引っ張り出すんです。すると骨がくっついてくる場合が多い。歯と骨の間に歯根膜がありますが、歯を上に上げると伸びてついてくる歯根膜に誘導されて骨が作られることがあるんです。ただし、問題は歯は植わっている部分が大きければ大きいほど安定する。ですからぐらぐらになる可能性があります。もちろん、すぐに抜けてしまう訳ではありません。
Doc.:それと恐らく頬側の骨は吸収されているが、舌側の骨はそんなに吸収されていません。逆に舌側まで開いていて貫通しているとお手入れもしやすくなるんですが。

Doc.:出血しやすいということは 炎症性の組織、不良肉芽がある可能性が高いということですね。これは、免疫がグッと下がると腫れてきたりします。これ以上骨を吸収させないようにするには歯茎を開けて不良肉芽を掻爬することが必要になるでしょう。

Doc.:この左下6番の問題はむし歯ではなく、骨の状態ということですね。
h1-10.jpg 3. Akoさんの希望

Ako:私の気持ち的にはスポッとなくなってほしいんですが。抜歯してインプラントという治療法はどうなんでしょうか?

Doc.:インプラントというのは、骨に直接ネジを埋めて、その上に歯のように見えるものをかぶせるというやり方です。ということは、骨がきちんとあるかどうかが問題ということなんですね。だから周りの骨がよくない状態ですと難しいです。
h1-9.jpg 4. 左下6番の具体的な治療法の案

a:歯石を取って、腫れ上がっている歯肉を落ち着かせる。
b:歯茎を開けて不良肉芽を掻爬する手術をする。この時に骨の状態を実際に触って診ることができます。
c:歯肉がなおるまで一ヶ月程度様子を見る。
d:その後抜歯するかどうかの判断。
e:抜歯するとして、その後の補綴を考える。例えば他の歯牙を持ってきて再植する、またはインプラントにする。
Doc.:抜歯して不良肉芽を掻爬すれば血が出ることもなくなるし、骨がこれ以上吸収されることもない。さらに骨がある程度戻る可能性もあるので、そうすれば、歯牙を移植することも、インプラントも可能性が大きくなります。特に、右下の4番か5番を抜歯して、ここに再植できれば左右の歯数が揃うという利点もあります。もちろん大きさも形も、もともとの6番とは異なりますから、クラウンをかぶせて大きさや、噛み合わせの調整を行う必要がありますが。
また、医療ですから100%ではない。きちんと抜歯できるかどうか、再稙がきちんとできるかどうか。失敗もあるということをご理解ください。

Ako:現在、スプリントで治療中なんですが、同時進行できますか?
Doc.:それは可能です。私から鈴木先生にお話ししてみましょうね。治療方針が具体的になれば治療期間や費用のお話もさせていただきます。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約は鈴木先生と相談のうえ決める

本日の感想
丁寧な先生ですね〜。いろんな方法があることが分かって勉強になりました。抜歯から移植や不良肉芽の掻爬などすごい話になってきて自分でも驚いています。鈴木先生にも相談してじっくり考えないと!

投稿者 shino : 09:31 PM | コメント (0)

July 19, 2005

~すずき矯正歯科~ 第6回 スプリントの調整

本日のメニュー

▼スプリントの調整
▼O-リングテスト


Ako日記
7月10日 目立った変化は見られない…。きっと少しずつ変わっているのでしょうが。

7月14日 今日は口を開けると左側の顎が鳴る。

7月17日 右の顎の音が小さくなったよう。周囲に聞こえるものではなかったが、自分の耳元でパキッと聞こえていたのに、今はシャリ?サクッ?という感じ。(おやつではありません!)口を開けると下顎が左にスライドしていたが、それはまだそのまま。

毎日、21時から朝6時までスプリントを着けています。日によって調子が違うので、はっきり治ってきた!とは言えないなあ。まだ着けたままだと喋れないし。喋ろうと舌を動かすとオエーッとなるのは変わりません。


■スプリントの調整
▼今日は歯科衛生士さんが、調整
6-1.jpg
6-2.jpg 6-3.jpg
スプリントを着けて青の咬合紙を上下の歯でカチカチ咬む。青の印が着いたスプリントを先生に見せて指示を仰ぎ、削る。
6-1-2.jpg
6-2-2.jpg 6-3-2.jpg 6-1-2.jpg 6-2-2.jpg 6-3-2.jpg 6-1-2.jpg 6-2-2.jpg
カチカチ→
先生チェック→
削る→
カチカチ→
先生チェック→
削る→
カチカチ→
先生チェック→
6-1-2.jpg
6-2-2.jpg 6-3-2.jpg 6-1-2.jpg 6-2-2.jpg 6-3-2.jpg 6-1-2.jpg ふ〜
カチカチ→
先生チェック→
削る→
カチカチ→
先生チェック→
削る→
カチカチ→
6-4.jpg 6-5.jpg ここで、前の患者さんを診終わった先生が登場。スプリントの調整具合を確認し、O-リングテスト。
Doc.:次回は、スプリントの前歯の裏側のところに誘導面を足して作ります。
Ako:前歯の裏側??
Doc.:上下の顎を前後に動かすときは、上の前歯の裏側で誘導するんです。今のスプリントは平面になっていますから、その誘導面を作って、正しい位置で誘導できるように調整します。
Ako:ありがとうございました。

所要時間:約60分 本日のお会計:1,340円(保険適用)

 次回の予約2005/08/05 10時30分
★むし歯治療に行くので歯科を紹介してもらいました。歯科予約 2005/07/21 10時

本日のお買い物
6-6.jpg

★歯ブラシ2本 @280円★
Ako:奥歯がよく磨けなくて・・。この歯ブラシって、あまり売ってないんですよね。


本日の感想
調整してもらってとっても楽になりました!当たり所が変わりましたよ。これなら着けていてもオエーッとならないんじゃないかな。長い時間着けていられるかもしれない!今度はむし歯治療だー。

投稿者 shino : 09:28 PM | コメント (0)

July 08, 2005

~すずき矯正歯科~ 第5回 クリーニング・歯磨き指導・むし歯チェック

本日のメニュー

▼口腔内クリーニング
▼歯磨き指導
▼むし歯チェック
Ako日記
6月25日 治療開始時に真っ直ぐ開かなかった顎が昨日の受診時はかなりスムーズに開き、両顎の音も右だけになっていた。

6月27日 夜、スプリントがない!!朝起きてすぐ洗い、テレビの上のケースの上で乾かしていたのに…。探しても探しても出てこないので着けずに寝る。

6月28日 子供を幼稚園に送った後、また探す。3階のおもちゃだらけの部屋で発見。色がなく半透明なので、子供におもちゃ扱いされたら気付かず踏んで割れて…となって…。これからはすごーく高いところに置こう!

7月1日 口の開け閉めでの音は間違いなく減りました。鏡を見て、開閉してみると思っていたより、上下の顎が左右にズレながら動いていると感じた。まだまだ時間がかかるかしら。

7月5日 夜着け、朝はずすの単調な作業。あまり顎の変化を感じなくなりました。

7月7日 明日もスプリントの調整があるのでしょうか。よくなっているとよいのですが、何と言われるか。


■口腔内クリーニング 
5-1.jpg
5-2.jpg 5-3.jpg 5-4.jpg
こちらの器具で…
一本ずつ丁寧に歯垢をとる → 手鏡で自分でも確認 → 磨き粉を着けて歯面を研磨する
衛生士さん:歯と歯肉の汚れはあまりないですね。

▼歯磨き指導
5-5.jpg 5-6.jpg 5-7.jpg <5-8.jpg
衛生士:歯ブラシは固めですか?
Ako:はい。固めが好きです。磨き方が強すぎると歯医者さんによく言われます。
衛生士:歯肉に負担をかけないよう、ゆっくり動かして下さいね。
衛生士:前歯の裏と奥歯の横が汚れやすいですから気をつけてくださいね。
衛生士:上の3番と4番は歯ブラシを縦に持って磨いてください。
衛生士:奥歯は歯間ブラシで、歯のすき間が少ない前歯は糸ようじがいいですよ。

▼実際の練習
5-9.jpg
5-10.jpg 衛生士:では、実際にやってみましょう。
Ako:毎日やるんですか?
衛生士:週に1回ぐらいから。慣れてね。
衛生士:糸をピンと張った方がやりやすいです。
Ako:上の歯が難しい!
衛生士:汚れがついたら、糸を持つ位置をずらして、きれいなところでやってくださいね。

■虫歯のチェック
5-11.jpg
衛生士:矯正治療前に治した方がいい虫歯は左下6番と7番ですね。

■O-リングテスト
5-12.jpg 前回と同じように、「咬み合わせ、顎関節チェックシート」に従って現在の状態をチェック。

所要時間:約60分 本日のお会計:4,200円

 次回の予約2005/07/19 11時

本日の感想
むし歯治療が2本で済むのでよかった。まあ他にもむし歯はあるんですけど。今日は、機械で歯を磨いてもらえてすっきり!気持ちよかったです。

投稿者 shino : 09:25 PM | コメント (0)