« August 2005 | メイン | October 2005 »

September 20, 2005

~すずき矯正歯科~ 第9回 スプリントの調整

本日のメニュー

■顎の触診
■筋肉反射テスト(O-リングテスト)
■ スプリント調整



Ako日記
9月2日 朝、鏡の前で口を開けると、なんと!右顎のカックンが左顎のカクッに変わっている。そして、下顎が左にズレていたのがなくなっている!前回のスプリント調整は少しだった気がするが、それが相当影響を与えていることに驚かされた。

9月3日 アレッ!?また下顎が左にズレる。また、今までのように戻ってしまった。

9月8日 このところカックンとは鳴るが、欠伸が恐くなくなった。

9月18日 スプリント療法を始めた頃を思い出すと、今は本当に良くなっており、顎の負担が軽くなっているのがわかる。

直前感想 左顎はもう楽になりました。口を開けた時、ほとんどまっすぐ開くようになったし。でも状況は変わるから…。このまま続けばいいんだけどね。


■顎の触診 
9-1.jpg
Doc.:顎の調子はどうですか?
Ako:いいです!口を開ける時、S字になっていたのが「く」の字になりました。
Doc.:顎の後ろを押さえると痛いですか?
Ako:左側が痛いです。
Doc.:耳に指を入れて顎の骨を押すと痛いですか?
Ako:左側が少し痛いです。
Doc.:もう少しで雑音はなくなると思いますよ。

■筋肉反射テスト(O-リングテスト)
9-2.jpg
Doc.:左の歯を噛みしめて…これはちょっとまだダメですね。
Doc.:頸椎、腰椎、肋骨がズレてますね。大円筋が緊張している。あとは、胸最長筋、外側広筋が緊張しています。神経筋反射がおかしい。胃が緊張、重心が右後ろにズレている。

<筋肉のプラス反射>
筋緊張の変化をいう。たとえば筋肉反射検査で局所を刺激した時、今まで強かった筋緊張が弱くなることをいいます。

Doc.:これらのプラス反射は、治療ポイントを見つけて、適切な刺激を与えることで調整が出来ます。その中のひとつの調整法として小指を引っ張ってください。
9-3.jpg (青の咬合紙をカチカチ)
→右上4番がズレている。原因は顎が右方向にズレ、その原因は左肩にズレ、その原因は1年前の身体に捻れ、その原因は外側広筋の緊張、その原因は脛骨内側に捻れ、その原因は右踵の骨のズレ、その原因は右親指の捻れ。

9-4.jpg

Doc.:調整しましょう。
(小指を引っ張る)
Doc.:それでは確認してみましょう。先ほどの体のズレを再現させてみても、筋緊張は変化しません。すなわち、プラス反射が消失して、局所の状態が調整(治療)されたことを意味しています。

(青の咬合紙をカチカチ。赤の咬合紙をギリギリ)
→左下6番がズレている。原因は顎が前方にズレている。その原因は膝が曲がっている。その原因は距骨の捻れ。
Doc.:調整しましょう。
Doc.:側頭骨といって、下顎がはまっている骨が回転してズレていますね。
→その原因は、顎の内側の筋肉の緊張、原因は左肩の筋肉の緊張、原因は左腰のズレ、原因は重心のズレ、原因は距骨のズレ。
Doc.:調整しましょう。


■ スプリント調整
9-5.jpg 9-6.jpg 9-7.jpg 9-8.jpg
スプリントを装着して、青の咬合紙をカチカチ、赤の咬合紙をギリギリ
Doc.:ほんの少し削りましょう。
Doc.:ハイ。これでいいでしょう。調整は次回ぐらいで終了できるんじゃないかな。その後、歯科でむし歯の治療、Akoさんは移植ですね。長谷川先生と話をしてできるだけ並行して治療できるようにしましょう。治療期間が長くなってしまいますからね。

所要時間:約60分 本日のお会計:1,250円(保険適用)

次回の予約2005/10/14 10時30分


本日のおみやげ
歯みがきセットをいただきました!「みなさんが健康に治療を進めていけますように」と院長からのプレゼントだそうです。
9-9.jpg 9-10.jpg 9-11.jpg
↑コレ プラス ↑コレ イコール ↑コチラ!! スバラシイ!! さて中身は!!↓
プラークチェッカー(染め出し液)★磨き残しチェック
タフト24 (歯ブラシ) 
プラウト (歯ブラシ) ★入り組んだ部位や最後臼歯、矯正装置の周りを磨く
デンタルミラー (合わせ鏡) ★奥歯や歯の裏側のチェック
デンタルフロス (糸ようじ) ★歯と歯の間や隣り合った歯の壁の掃除
歯間ブラシ ★歯と歯の間のすき間、矯正装置の周りの掃除
ピドケア (フッ素ジェル) ★むし歯・口臭予防、歯面強化、歯垢増加抑制

※歯ブラシセットは毎回持ってくるそうです。


本日の感想
先生は、スプリントをほんのちょっと削るって仰ってましたね。着けた感じではどこをどういうふうに削ったのか全然わかりません。あとで顎が楽になって、ああ意味があったんだと思う。あんなにひどかった顎がこんなに良くなって嬉しいです。

筋肉反射テスト(O-リングテスト)も半信半疑だったのが、だんだん信じてきてます。小指を引っ張って治すというのは、まだ不思議だけど。そんなんで治るかなあと。でも実際良くなってきてるので、治ってるのかな!?

投稿者 shino : 04:51 PM | コメント (0)