« January 2008 | メイン | August 2008 »

February 29, 2008

〜すずき矯正歯科〜 第38回 ワイヤー交換

本日のメニュー

■ブラケット装着
■筋肉反射テスト
■ワイヤー調整・装着
■パラタルアーチ除去




■AKO日記より■


2月13日 本日は長谷川先生のところでクリーニング。いつも通り・・・なんて考えていたら、虫歯が数箇所見つかり、超音波の出力を上げて強めにクリーニング。途中から段々と強めに当てた超音波のせいで、左奥の虫歯上下が痛み出した。いつもならこんな時は 麻酔 → 虫歯治療と即お願いできるのですが、妊娠しているせいで麻酔×、痛み止めの薬×。帰り道、体がよじれるほどの痛みとなり、同行する記者の方に“ウイスキー色のリステリン”を買ってきて頂いてその場で口に含む。この“ウイスキー色のリステリン”は長時間口に入れておくと、麻酔薬が口中にこぼれた感覚に似ていて、この時はこれに頼るしかありませんでした。結局、長谷川先生のところへ戻り、妊娠中でも影響の少ない痛み止めの薬を処方して頂き、飲んだらすぐに痛みは治まりました。


衛生士:こんにちは。装置がはずれたりはしていませんか?
Ako:はい、していないと思います。

s38-01.jpg

衛生士:今、何ヵ月ぐらいですか?
Ako:今日からあと1ヵ月です。
衛生士:そうなんですか! お腹大きいなと思いました! 階段大丈夫でしたか? ここに治療にいらっしゃる妊婦さん、皆さん、階段がきついっておっしゃるんですが……(笑)。
Ako:難所ですね(笑)。
すずき矯正歯科は、津田沼駅から徒歩すぐ、ビルの2階にある。階段の幅が広くないので、なんとなく急な感じがしてしまうのだが、階段には手すりがついていて安全なので、ご心配なく。

■診察

s38-02.jpg

Doc.:随分、歯が並んできましたね。右下の隙間もなくなってきました。上下正中があってきているんですけど、前後関係をなんとかしなければいけませんね。左下の一番奥(エムドゲインを入れた歯)にはワイヤーをつけられないので、そこが難しいところです。下の前歯が前に出したいのですが、上の前歯が出ていないから、前に出せないんですね。

Doc.:口は真っ直ぐに開きますか?

s38-03.jpg

Doc.:スプリングやインプラントアンカーを使って歯に大きな力を加える方法も検討してみましょう。

s38-04.jpg
 
スプリングとインプラントアンカーの仕組みを、それぞれ模型で説明してもらう。

Doc.:スプリングは、バネをつけて、バネの戻る力を利用する方法です。インプラントアンカーは口腔外科で奥歯のほうにピンを打って、それを支点に歯を動かすものです。
Ako:どちらがおすすめですか?
痛いもの知らずのAkoさんに、歯の骨にインプラントを打つことの恐怖はない模様。

Doc.:スプリングは口の中で邪魔で壊れやすいので、インプラントアンカーのほうが楽だとは思います。ですが、Akoさんの場合は、スプリングのほうがいいかもしれません。
Ako:そうですか。ただ出産を1ヵ月後に控えているので、次回治療にうかがうまで時間があいてしまうと思うんですけど、大丈夫ですか?
Doc.:そうですか。では、今スプリングを入れても故障にすぐ対応することができないわけですね。それなら、今はスプリングではなくてゴムを使っていただいたほうがいいですね。
Ako:そうですか。なんとか先に進みたいんですけど……残念です。
Doc.:そうですね。でも、3番の歯は1~2ヵ月できれいに並ぶ予定ですので、あとはゴムをかけていただくことです。今日は、左下の4番、5番に装置をつけましょう。

■ブラケット装着
いよいよ長い間、移植歯やエムドゲインの問題で手つかずだった左下の歯に装置が入る。ここで衛生士さんにバトンタッチ。
衛生士:左下4番が揺れてますけど、平気ですか?
Doc.:大丈夫です。
Ako:やはり揺れてますか?
衛生士:ちょっとだけ揺れますね。

<装置を装着>

s38-05.jpg

s38-06.jpg

s38-07.jpg

s38-08.jpg

s38-09.jpg

s38-10.jpg

■筋肉反射テスト
Doc.:口がまっすぐあくように、筋肉反射テストをおこないます。

s38-11.jpg

Doc.:左側の首の後ろが緊張しているし、左の頚椎に血流障害があるのかもしれません。ここを押してみてください。

s38-12.jpg
   
先生の筋肉の押す箇所の指示にしたがって、押す。腕の下がり具合で確認。もう一度口をあけてみるが……やはり、まだ少し左に歪んでひらいてしまう。口が真っ直ぐに開くには、もう少し時間がかかりそうだ。

■ワイヤー調整・装着
Doc.:歯が動きやすいように、上下とも細いワイヤーに変えましょう。
―以前、細めのワイヤーをつけて歯が倒れてしまったので、太いワイヤーにしていただいたのですが、もう大丈夫ですか?
Doc.:その頃に比べて、歯がきれいに並んでいるので大丈夫ですよ。
<上顎>
Doc.:埋伏歯がもうだいぶ出てきたので、これからは今までのように牽引ではなくて、上顎のワイヤーを通しますね。

s38-13.jpg

<下顎>

s38-14.jpg

下顎のワイヤーを調整。今日から左下の歯も動きはじめる!

衛生士さんに結紮線、ゴムでワイヤーをブラケットに固定してもらう。
衛生士:埋伏歯痛くないですか?
Ako:大丈夫です。

■パラタルアーチ除去
Doc.:パラタルアーチはもういらないからはずしましょう。

s38-15.jpg
 
上顎の口蓋にずっと入っていたリンガルアーチがはずれた。

Doc.:かけていただくゴムは6ミリになります。ご自宅にお持ちですか?

s38-16.jpg

Ako:多分あると思います。次回は、出産後、体調が戻ってからになると思います。よろしくお願いします。
Doc.:わかりました。お大事に。

次回の予約:出産後、体調が戻り次第 →2008年8月27日15時~

本日のお会計:5,250円
本日の感想: 埋伏歯にブラケットがついてよかったです。1本のワイヤーになって埋伏歯が引っ張られているのを感じるので、結果が出るのが楽しみです。
―Akoさんの安産のお祈りします。
おみやげ:受付でお子さん用のフッ素ジェル(マスカット味)

*Akoさんは、3月下旬、無事、元気な男のお子さんを出産されました。 これからも、三児の母となったAkoさんの矯正治療の経過をご報告していきます。

投稿者 shino : 05:07 AM | コメント (0)