« February 2008 | メイン | September 2008 »

August 27, 2008

〜すずき矯正歯科〜 第39回 ワイヤー交換・ブラケット交換

本日のメニュー

■ブラケット装着
■ワイヤー調整・装着
■筋肉反射テスト



■AKO日記より■


2月29日 出産前のすずき矯正は、今日が最後。暫く行くことができなくなるため、期間があいても歯並びに変化が見られるよう、そして不具合が出ないように調整していただいた。


3月1日 下の左右1番の間が一日で隙っ歯になっている。0,5ミリくらいですが。


6月1日 久しぶりの日記、産後、あまり自分のことを気にしていなかったのですが、そろそろ歯医者に行きたい と考えてしまう。虫歯ができているような気がして…超音波クリーニングが恋しい。幼稚園の卒園式までに矯正が終わるのなら、早く鈴木先生にも装置の調整をお願いしなければ! 埋伏歯もずいぶん出てきている。ブラケットの欠けているところが数か所あるので、新しく替えてほしい。


Ako:治療を再開させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。
Doc.:体調はどうですか?
Ako:おかげさまで元に戻りました。

■診察
Doc.:埋伏歯そろいましたね。左下5番の移植歯も“普通の歯”みたいです。
Ako:(笑)

s39-01.jpg

Doc.:口を開けてみてください。……まだ顎が最後にカクッていうね。それを治さなきゃ。

埋伏歯がかなり出てきたので、ブラケットの位置をつけかえなければならない。それと同時に、欠けていたブラケットをすべて交換することになった。

いつも通り、ワイヤーをはずし、フロスをしてもらう。それから交換する箇所のブラケットをとる。

s39-02.jpg

s39-03.jpg
   
うまくはずれないブラケットは、ブラケットのまわりのボンドをタービンで削ってから、再度器具ではさんでとる。

s39-04.jpg

s39-05.jpg
   
今回は、計5ヵ所のブラケットを交換。

■ワイヤー調整・装着
Doc.:下の前歯が、今は1ミリ左にありますから、右側に移動しなければなりませんね。まずは、埋伏歯のねじれと高さをなおして並べて、正中を合わせることです。

<埋伏歯>

s39-06.jpg

Doc.:埋伏歯がねじれて生えているので、ブラケットを遠心(歯の奥側)につけました。これで個別に力をかけることができるようになります。これからも、埋伏歯のねじれと高さをなおすために、歯が移動するたびにブラケットの位置をつけかえていく必要があります。

<上顎>
Doc.:メインワイヤーを交換しましょう。前回のワイヤーと太さは変わりませんが、より弾力性のあるワイヤーを使うことにします。歯の前後関係を早く改善したいですね。

<下顎>
Doc.:下顎も上顎と同じく、太さは同じで弾力のあるワイヤーにしましょう。移植歯もワイヤーをかけて問題なさそうですね。器具で軽くたたいてみても、とてもしっかりしています。右下6番を前方に移動させたいですね。7番は後で大丈夫です。スプリングが有効ですが、一度に動かすのは難しいので、まずは正中をあわせるところから治療していきましょう。

s39-07.jpg

鈴木先生がワイヤーを調整、説明してくださったあと、女の先生がワイヤーを装着してくださった。

s39-08.jpg

■筋肉反射テスト

s39-09.jpg
 
今回も、先生は身体のバランスの崩れやその原因をたくさんリストアップしておいてくださった様子。
手首を中心に先生の指示通り、押していく。

Doc.:今日はこれで終わりです。ご自宅で、左右にゴムをかけてください。

s39-10.jpg

Ako:わかりました。ありがとうございました。






次回の予約:2008年9月26日10:30~



本日のお会計:5,250円


本日の感想:
半年振りのワイヤーやゴムの交換、一部分が欠けていたブラケットも何個かありましたが、全て新しくして頂けスッキリしました。

投稿者 shino : 01:33 AM | コメント (0)