« <連載再開!> ~長谷川歯科診療所~ 第49回 矯正中にできた虫歯の治療 | メイン | ~すずき矯正歯科~ 第51回 保定中の後戻りの治療 »

December 09, 2010

~すずき矯正歯科~ 第50回 定期経過観察

本日のメニュー

■保定中の歯の状態点検

■リテーナーの調整

 

■ AKOさんの笑顔 ■

 

まずは前回お約束したAkoさんの笑顔のお写真です(^^)

すずき矯正歯科の最寄り駅、津田沼駅前でパチリ。clip_image002

どうでしょう?

矯正を始める前と較べてみてください。

とても自然で明るい口元になったと思いませんか?

  

今日は鈴木先生の所で、矯正装置が取れてからはじめての経過観察です。

数年に及んだ矯正治療も仕上げの段階となり、前回の診察時(3月)に無事矯正装置(ブラケット)が取れ、

現在は後戻りしないように保定装置(リテーナー)をつけています。

 

■診察

Ako:「よろしくお願いします」

Doc:「いかがですか? どこかが強く当たったりとかはしていませんか?」

Ako:「はい、大丈夫です」

Doc:「顎はいかがですか?」

Ako:「まだ少しカクッと鳴るんですが・・・でも以前よりはだいぶいいです」

Doc:「いろんなことをなさいましたからね。歯を移植したり・・・」  (しみじみ)

 

まずは歯の状態を診ていただきます。

clip_image002[5]

Doc:「保定装置はいかがですか?」

Ako:「右の外側が浮いてるというか、歯に沿ってない

感じがするのですが・・・」

Doc:「全部がピッタリ接している必要はないですが、

少し調整しましょうね」

 

 

 

 

clip_image004

これがリテーナー(保定装置)です。

上が上顎用、下が下顎用。

Akoさんが装着したところがこちらです。clip_image006

矯正装置(ブラケット)とは違い、自分で取り外しできるので、普段の歯磨きもきれいにできます。

 

 

 

 

 

clip_image008リテーナーのワイヤー部分をペンチで調節します。

何度もはめては外して調整し、またはめては調整・・・・と、本当に丁寧に

ピッタリ合うまで調整していただきます。

下顎用と上顎用、共に時間をかけて直してくださいました。

 

 

 

 

 

clip_image010

続いて、歯のすき間をフロスでお掃除。

Doc:「上の歯が食べた物が詰まりやすいということはないですか?」

Ako:「詰まるとは感じないですが・・・でも上の歯の方が虫歯にはなり やすいかもしれないです」

Doc:「リテーナーを少し締めておきますね」

 

 

 

 

 

clip_image012続いて咬み合わせのチェックです。

赤と青の咬合紙をカチカチ咬んでチェック。

次に、銀色の薄い紙(右の写真→)をclip_image014前歯で咬んで引き抜いてチェック。

Doc:「この1/100ミリの厚さの紙がスッと抜けるくらいが丁度いい前歯の咬み合わせなんですよ」

(「おお~、1/100ミリの世界!」と驚くスタッフ)

Akoさんは部分的に抜けない所があったので、そこを入念にチェックします。

 

 

リテーナーの調節と歯の診察が終わった後、今度は全身の状況も診ていただきます。

身体チェック3枚

身体の歪みをチェックし、頭蓋骨の模型で顎と身体の関係を説明してくださいます。

Doc:「手首にツボがありますから、手から2cm下がったここを一日5回くらい押してくださいね」

Ako:「はい!」

Doc:「次回は3カ月後くらいで大丈夫でしょう」

Ako:「ありがとうございました」



次回の予約:2010年9月10日11:00~



本日のお会計:4,200円

 

clip_image022■本日のお買い物     歯ブラシ2本

Ako:「毛先が細くてとても磨きやすいんですよ。お気に入りの歯ブラシです」

-Akoさんとご主人の分ですか?

Ako:「両方私のでーす!(笑)」

 

■本日の感想

リテーナーを調節して頂いて、とてもピッタリしました。今まではずれやすかったのは少し緩めだったのでしょうね。

次回の診察は9月ということで、いよいよ矯正治療も最終段階だと実感します!

まだ少し顎がカクッというけれど、今の歯並びが定着し、正しい位置で噛むことができて、早く顎が鳴らなくなればよいですが。

投稿者 Kanba : December 9, 2010 05:12 PM

コメント