« ~すずき矯正歯科~ 第53回 保定中の定期観察(2年8か月経過) | メイン

November 21, 2013

~すずき矯正歯科~ 第54回 矯正治療終了! (完)

本日のメニュー

■歯のクリーニング

■保定装置の取り外しとリテーナー調整

■最終チェック

矯正治療終了
トップ1

 

ついに保定装置も外れ、今回で矯正治療が終了しました!

1年前はまだ残っていた顎の痛みも今はもうなくなり、歯並びも綺麗に保って、噛み合わせも快適です。

歯の移植など難度の高い治療を行ったため、治療期間が長くかかりましたが、その甲斐があった満足のいく結果に、喜びもひとしおです。

最後のすずき矯正歯科での治療を、取材を行いました。

 

■診察 すずき矯正歯科 :千葉県習志野市)

クリーニングAko:「よろしくお願いします」

衛生士さん:「まず先に、クリーニングを行いますね」

 

専用の器具とクリーニング用のペーストを使って、丁寧にクリーニングをして頂きました。

Akoさんは日頃からきちんと歯磨きやケアをされているので、口腔内の状態は特に何も問題ありません、とのことでした。

 

 

 

 

 

 

現在の歯列の状態です。どこから見ても綺麗に整っています。

歯列全体

 

診察0鈴木先生に状態を見て頂きます。

 

Doc:「いかがですか?」

Ako:「はい、おかげさまで1年前は残っていた顎の痛みや違和感もなくなって、とても良い状態です」

Doc:「それは良かったですね。虫歯の部分は長谷川先生に診て頂いていますか」

Ako:「まだ薬を詰めて時々変えているところで、高さは少し下げたままです」

Doc:「きちんと通ってくださいね」

Ako:「はい」

 

 

保定外し1

次に女性のドクターに代わって、保定装置を外していただきます。

 

Doc:「少し力がかかりますが、頑張ってくださいね」

上下の前歯の裏側に接着していたワイヤーの保定装置を外します。

上側は、ワイヤーが動くように、鈴木先生に歯の裏側にトンネル状の突起を作って頂いたものです。

                                              

 

 

                                      これが外した保定装置です ↓

保定外し


突起旧これは、前歯の裏側に保定装置を取り付けた時の写真です。

鈴木先生お手製の白い突起部分は、3年近くも壊れることなくしっかりと機能し、歯並びを安定させてくれました。

なんとなく、外してしまうのが名残惜しい気さえします・・・

 

 

 

 

 

 

診察1

Doc:「リテーナーはつけていましたか」

Ako:「顎が痛かった時につけないでいましたら、下のリテーナーが入らなくなってしまったんです」

Doc:「では、入るようにしておきましょうね。もう安定しているので、使う/使わないはご自分の判断になりますが、時々ははめてみるとよいでしょう」

 

何度もリテーナーの調整と装着を繰り返して、合うように直して頂きました。

 

 

 

 

リテーナーの調整

着脱式のリテーナー                         先生が何度も調整をしてくださって、またきちんとはまるようになりました。

 

そして、最後にはいつものように全身状態のチェックです。歯並びや噛み合わせは、全身の健康状態と密接に関わっていることを忘れないようにしなければいけません。

ラスト

 

記念撮影

最後に鈴木先生と記念撮影をして頂きました。

 

Ako:「長い間どうもありがとうございました。快適な歯になって本当に嬉しいです」

Doc:「これで終わりになりますが、もし何かあったらいつでも連絡していらしてくださいね」

Ako:「はい、ありがとうございます!」

 

 

 

 

 

 

 

 

取材を終えて
 

長かった矯正治療がすべて終了しました。シャガール

Akoさんの場合、歯並びだけでなく顎の痛みや顎がカクッと鳴る状態を改善したい、という強い希望があっての治療でしたが、こうして念願を叶えることができました。

歯の移植をしたり、いくつもの矯正装置を使用したりと、大変難度の高い治療でしたが、鈴木先生の一貫して根気よい治療で、ここまで辿り着くことができました。Akoさんも、きっと途中くじけそうになることもあったのでは、と想像しますが、いつもきちんとご自分でケアしながら通院を続けて、とても立派だったと思います。

歯並びが整ってきたのに顎の痛みが引かない時には、この後どうなるのだろう、と不安になったこともありましたが、先生が「まだ歯並びが揃って間もないから、しっかり安定するまで様子を見るとよいでしょう」とおっしゃっていた通り、歯並びが安定すると共に痛みも消えてゆきました。

どんな症状であっても、頑張って治療を続ければ必ず治るときが来る、ということが、このAkoさんの密着取材を通してわかっていただけたのではないかと思います。長い間読んでくださった皆様、どうもありがとうございました!

                                                                                                                                           診察室に飾られているシャガールの絵

投稿者 Kanba : November 21, 2013 01:06 PM

コメント