May 20, 2010

<連載再開!> ~長谷川歯科診療所~ 第49回 矯正中にできた虫歯の治療

 

本日のメニュー

■はずれたリテーナーの取り付け

■矯正中にできた虫歯の治療

■連載再開■

取材スタッフが体調を崩し「密着!!矯正治療」の連載をしばらく休載していましたが、今回より再開し、またAkoさんの矯正治療奮闘記をお伝えいたします。

1年近く取材をしていなかった間に、Akoさんの治療は着々と進み、いよいよフィナーレの段階に!

矯正治療自体はほぼ終了して、2か月程前に矯正装置(ブラケット)がはずれ、現在は後戻りしないように保定装置をつけて経過観察をしている段階です。

 

Ako:「ずっと気になっていた上下の歯の中心のズレと顎がカクッと鳴るのが、矯正の終わり近くになって劇的に良くなったんですよ。

ある日気づいたら、えー、良くなってる!みたいな」clip_image002

と笑うAkoさんの口元は、とても自然で爽やかな歯並びです。

(あ~!笑顔の写真撮り忘れた(>_<)   次回には掲載しますね!)


Ako:「一時はどうなることかと思いましたけどね。口の中にスプリング(バネ)がビヨ~ンと入ってて・・・でも根気強く続けてよかったです」

本当にそうですね、Akoさん!

 

その一年間の治療内容についてはこれから追々ご紹介するとして、今日は長谷川先生の所で虫歯の治療です。

Ako:「やっぱり矯正装置がついていると、歯磨きが難しいですね。ワイヤーの上下しか上手く磨けないし、どうしても虫歯ができてしまいました。

歯磨きが不十分のぶん、リステリンでよく洗口はしたんですけどね」

 

長谷川先生は、矯正をして頂いている鈴木先生とは別に、歯の移植や虫歯の治療をして頂いています。

 

■診察

Ako:「こんにちは。よろしくお願いします」

Doc:「いかがですか? しっかり噛めていますか? 浮いた感じなどはありませんか?」

Ako:「はい、噛めています! ただ、裏側のリテーナー(矯正の保定装置)が一部取れてしまって・・・次回の鈴木先生の診察まで待とうかとも思ったのですが・・・」

 

clip_image004

 

Doc:「拝見します・・・そうですね、2か所取れていますね。 どうしましょう、つけておきましょうか?」

Ako:「・・・・」

その場で長谷川先生が鈴木先生に電話で確認し了承をとってくださって、取れたリテーナーをつけてくださいました。 ありがとうございます!

 

 

 

 

Doc:「では虫歯を拝見しますね」

虫歯の測定装置(ダイアグノデント)を歯に当てて、虫歯の有無を調べます。

clip_image006
通常の歯は「ブーン」という音、虫歯がある歯は「ビヨビヨ~ン」という変な音が出て、数値が上がります。

Doc:「ああ、30を超えてますね。数値が20を超えたら虫歯の治療対 象です。今日はこの奥歯を治療しましょう。この装置は見えない虫歯も確実に見つけられますし、誰が測定しても同じ数値が出るんです。これが『科学』ですね。以前は医師によって虫歯と言ったり虫歯ではないと言ったりしましたが、今はそういう時代ではないんですよ」

 

この便利な測定装置のしくみを訊ねたところ、

「特定波長のレーザーを当てると虫歯のある歯質が蛍光を発します。それを取り込んで数値と音に直すことで測定するのですよ」

と教えてくださいました。

 

 

 

麻酔をして虫歯(右上の奥歯)の部分を削ります。

Doc:「歯を削るのが目的じゃないんですよ。虫歯菌が浸み込んだ歯質を除去するんです」  (キッパリ)

 

ポッカリ穴が開き、ダイアグノデントでの数値が10に下がりました。

Doc:「数値が12以下ではもう虫歯菌はないと言われているんですよ。あまり深追いすると、お痛みが出ますからね」

 

続いて、削った部分にレジンを詰める前に「ラバーダム」というゴム製シート状のダム(=隔壁)で口の中を覆い、治療する歯だけを穴からニョッキリ出します。

clip_image008

 

Doc:「唾液の中にはばい菌がいますから、歯に入るのを防ぐために、また材料を接着するときには口の中の湿度によって接着が阻害されないように、このラバーダムは必ずしないといけないんですよ」

とおっしゃいますが、取材スタッフはこの不思議な紫色のラバーは初めてみました。

 

「必ずしないといけない」 ラバーですが、実際使用している歯科医院はあまりないようです。

長谷川先生では、ここまで衛生管理にも徹底されているんですね。

 

 

コンポジットレジンを詰め、何度もカチカチ噛んでは削って調整・・・ を繰り返し、完了。

clip_image010

 

Doc:「今回3色使いました。混ぜ合わせるのでなく、油絵で絵の具を重ねて色を出しますよね、あのように重ねて自然な色を出しています」

ほとんど表には見えない奥歯の治療なのに、3色使いとは恐れ入りました!

 

綺麗に仕上がりました(^^)

Doc:「まだ他に虫歯がありますから、次回治療しましょう」

 

 

Ako:「どうもありがとうございました!」

 


【次回予定】   5月15日(金) 鈴木先生にて矯正の定期経過観察


■本日の感想

長谷川先生はいつも本当に時間をかけて丁寧に治療して頂いて、安心してお任せできます。

毎回十分な時間をとってくださるので、一回で一本の虫歯治療が終わるのも忙しい身には助かりますね。


投稿者 Kanba : 01:14 PM | コメント (0)

December 18, 2007

~長谷川歯科診療所~ 第22回 口腔内の定期観察

本日のメニュー

■クリーニング

Doc.:先日、すずき先生(すずき矯正歯科)とお会いしたときに、左下ワイヤーをかけないように、お伝えしておきました。
Ako:左下というのは、一番奥の歯のことですよね?
Doc.:ええ。エムドゲインを入れた左下の一番奥です。レントゲンを見て、この前そのようにお話しいたしました。今のところ、ほかに異常はありませんか?
Ako:そうですね。

エムドゲインを入れた歯にはワイヤーがかけられない。それは、先生方に説明していただいて、わたしたちも理解している。でも、一番気になるのは、いつ移植歯にワイヤーがかけられるかということだ。前の診療で、長谷川先生は、もうワイヤーをかけても大丈夫とおっしゃってくださったが、すずき先生のご判断はまだもう少し様子をみようとのことだった。非対称のワイヤーよりも対称のワイヤーのほうがいいというふうにきけば、矯正治療をはじめて3年近くにもなるし、早く移植歯にもワイヤーをかけてもらいたいところなのだが……。

h22-1.jpg

Doc.:レントゲン撮影は、2007年6月に撮影したのが最後になりますが、移植歯も、もう大丈夫だと思います。
Ako:移植歯の上に、歯のかたちを乗せるのは、いつ頃になりますか?
Doc.:そうですね、いつでもいいですよ。
Ako:そのときは、型をとったりもするんでしょうか?
Doc.:ええ、一度歯を削らなければなりませんから。もう、これ以上歯が動かないのならば、被せてしまって大丈夫ですが、まだ、これから歯が動く可能性があるというのであれば、ワイヤーがはずれてからでもいいと思いますね。歯は、まだ動きますでしょ?
Ako:移植歯は、ワイヤーかけない……みたいなんですけど……。それに、下の歯は、まだまだ右に動かさなければいけないみたいです。
Doc.:そうですか。矯正はじめて、どれくらいになります?
Ako:そうですね、2~3年になるでしょうか。
Doc.:矯正治療は、長い期間かかる場合は、長いですからね……。

Doc.:さあ、拝見します。

h22-2.jpg

h22-3.jpg

Doc.:下の歯がまだ動くとおっしゃっていましたし、上の歯もおそらく、幅の調整をすると思うんですね。ですから、移植歯の被せものをするのは、それが済んでからにしませんか?
Ako:はい。
Doc.:最初にかみ合わせの調整をしたときに、移植歯の頭の削ったところはカバーしてありますから、お手入れは別として、むき出しになっているからと虫歯になる状態ではないと思います。
Ako:はい、わかりました。

Doc.:今日はクリーニングいたしましょう。よろしいですか?
Ako:はい、よろしくお願いします。

h22-4.jpg

Doc.:矯正装置をつけられていると、ワイヤーより歯ぐき寄り、歯の付け根の部分がよく磨けないんですよ。こういうところ、わかりますね?

h22-5.jpg

上の歯ならワイヤーの線より上、下の歯ならワイヤーの線より下が磨きにくいとのこと。

Doc.:とくに、妊娠中、胃酸が逆流するつわりの時期と重なりますと、歯を磨きにくくなるので、歯ぐきが腫れることもあります。虫歯にもなりやすいですしね。
Ako:そうですね。
Doc.:これは、単に磨ききれていないだけのことですから、磨き方をちょっと工夫されれば大丈夫ですよ。ワイヤーがかかった状態で歯の付け根を磨くのは、なかなか難しいですけどね。今回、下の歯ぐきが少し出血していましたけれど、でも、よく保たれているほうです。複雑な装置が入っているのに、よく手入れされていますね。

h22-6.jpg

Doc.:今回、以前ついていた装置の接着材が残っていたので、除去しました。あと、色がついているのも、虫歯ではなく、着色ですから大丈夫ですよ。一度、おゆすぎください。

ユニットをおこして、うがい。

Doc.:薬剤を使って、出血したところをちょっと洗っておきましょう。使用するのは、消毒薬みたいなものです。お体には問題ありませんから、ご安心ください。

h22-7.jpg

h22-8.jpg

Doc.:毛先が細い歯ブラシをお使いになったほうがよろしいですよ。下から差し込んで磨くようにしてください。こういったマッサージが大切です。
Ako:気持ちいいです(笑)
Doc.:腫れた歯肉は、1週間から10日で、すぐ治りますよ。ほかの箇所は、出血するわけでもありませんし、大丈夫だと思います。

薬剤を、歯肉が腫れていた前歯だけではなく、奥歯のほうまで塗布して終了。

Doc.:どうぞ、軽くおゆすぎください。
Ako:いいんですか?お薬をゆすいでしまうのがもったいない気がするんですけれど……(笑)
Doc.:では、そのままで(笑)。本当はこの薬剤、薄めて使うものなので、辛いんじゃないかと思うんですが……。特に、今、処置が必要なところはありません。移植歯の接着ははずれていますが、物理的には固定されていますから大丈夫です。矯正は別としまして、ほかにお気になるところはございますか?
Ako:いいえ、大丈夫です。
Doc.:特にご心配なことがなければ、これで終わりにしましょう。本当はレントゲン写真を、ずっと撮っていきたいんですけれどね。
Ako:どうでしょう? やっぱりレントゲンはダメなんでしょうか?
Doc.:いやぁ、やめておいたほうがいいです。必要なお薬は別として、薬やレントゲンはできるだけ……。
Ako:胎児が小さいうちは心配ですけど、もうここまで来たら……!ダメですか?
と、大きなお腹を見下ろすAkoさん。
「やってしまいましょうよ!」と言い出しかねない勢いに、先生のほうが、ストップをかける。
Doc.:いやぁ、やめておいてください。わたしのほうが心配です(笑)。レントゲンは、きちんとプロテクトするので安全だと思いますけれど、とにかくお腹のほうが大事ですから。それでは終わりにいたしましょう。
Ako:そうですか。ありがとうございました。







次回の予約:2007/2/12 10時

投稿者 shino : 11:43 PM | コメント (0)

October 26, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第21回 口腔内の定期観察

本日のメニュー

■クリーニング
■AKO日記より■


9月21日本日のすずき歯科での受診で、右下2番と4番にあたるワイヤーを内側に(くねくねと)曲げてあることで、それに沿って歯が内側に倒れこんでいることを相談。新しく滑らかなアーチのワイヤーと交換して頂いた。


10月2日埋伏歯だけに掛かるワイヤーの先端が折れていることに気付く。口に刺さるなどの問題は特に無いようです。


10月15日右下4番のブラケットが歯から外れる。ワイヤーにはゴムで付いたままなのでブラケットが左右にスライドする状態。

前回の治療から、随分間があいてしまったが、久しぶりに見るAkoさんは、随分妊婦さんらしい、やわらかい雰囲気になっていた。

―この前の治療から、今までなにか変化はありましたか?
Ako:右下のブラケットがとれてしまいました。
―あ、本当ですね。これは、この前、矯正治療で内側に倒れてしまった歯ですよね?
Ako:そう。ブラケットがとれたのは、もう一度歯を起こすために無理がかかったからなのかな……?

Doc.:何かお変わりはございませんか?
Ako:右上の3番にちょっと色がついていて、虫歯じゃないかなと思うんですけど…。
Doc.:そうですか。つわりのほうは大丈夫ですか?
Ako:はい、もう大丈夫です。

Doc.:少し椅子倒しますね。
Ako:はい。
Doc.:さて、拝見します。

h21-1.jpg

Doc.;虫歯が気になるのは、埋伏歯の隣の歯ですね?
Ako:はい。
Doc.:ああ、これは、着色ですね。これですよね?
Ako:そうです。着色ですか。

h21-2-3.jpg
 
患者さんがモニターを見られると、位置をきちんと確認しながら治療をしてもらえる。

Doc.:接着剤の辺縁が薄いものですから、どうしてもはがれてしまうんですね。そのあいだに色素が入ってしまったんだと思います。超音波で簡単にとれると思いますよ。基本的に、歯は、とてもきれいな状態ですから、心配されることはないですよ。

超音波で着色をとってもらう。
Doc.:少し出力をあげます。
超音波のレベルを調節する前に、ひと声かけてくださる。ほんの少し、音が高くなった。

Doc.:着色は一応、とれました。これ以上とるとなると、接着剤もいっしょにとれてしまいそうですから、今日はここまでにしましょう。右の上は磨きにくいと思いますので、デンタルシャワー(前回、先生がお祝いでくださった歯科用の水鉄砲)を使ってください。
Ako:ノズルを上に向ければいいですか?
Doc.:はい。歯ぐきのなかに入れるようにして。少し出血されるかもしれませんが、ご心配されることはありませんよ。

h21-4.jpg

細かいところは、マイクロスコープを見ながら、丁寧にクリーニング。

Doc.:左下の奥はとくに歯磨きが大変でしょうけど、超音波をつかったときに出血もしないし、着色も、汚れも全部落ちています。大丈夫です。

先生は、よく「大丈夫です」とおっしゃる。
先生にみていただいた帰り道、いつもAkoさんはほっとしているように見える。
単に治療していただくだけではなく、安心をもらえるのが、患者にとっては何よりうれしい。

Ako:歯の汚れというのはブラケットの下の汚れをとってくださるということですか?
Doc.:いいえ、超音波でとっているのは基本的に歯肉の中の汚れです。
Ako:あ、そうなんですか。わかりました。
Doc.:ところどころにあるのは、たいてい着色ですから、ご心配いりませんよ。

Ako:埋伏歯は出ていますか?
Doc.:出ていますよ!きれいに出てきていますよ。

h21-5.jpg

Ako:向きは変なんですか?
Doc.:どうかな……。もともと向きが変だから出てきていないので(笑)。
Ako:(笑)
Doc.:とりあえず、出すだけ出して、スペースに入れることですね。歯軸の方向はブラケットをつければ、調整可能です。
Ako:神経がねじれても構わないんですか?
Doc.:大丈夫ですよ。自然と調整される部分もありますから。

Doc.:今は写真を撮ることもできませんし、ご心配なことがなければ、これで維持されてはいかがですか?
Ako:はい。わかりました。
Doc.:ご出産のあとで結構ですので、最後に1枚大きなレントゲン写真を撮らせていただきたいと思います。小さな写真よりも、大きな写真のほうがわかる場合があるので。

h21-6.jpg

Ako:すずき先生が、移植歯にワイヤーをかけたいとおっしゃっていたんですが……。
Doc.:そうですか。
Ako:この前、長谷川先生からすずき先生にお電話いただいて、その次の治療のときにワイヤーをかけてくださるのかな、と思ったのですが、かけていただけなかったので……。
Doc.:そうですか。近々、すずき先生とお会いすることになっているので、そのときにお話ししておきましょう。
Ako:ありがとうございます。






次回の予約:2007/12/18 10時

■本日の感想■

虫歯だと思ったところ、着色でよかったです。とにかく長谷川先生にみていただいていたら安心!次回、すずき先生の治療で移植歯にもワイヤーかけてもらえるのかな……。

投稿者 shino : 01:30 PM | コメント (0)

August 28, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第20回 口腔内の定期観察

本日のメニュー

■クリーニング





■AKO日記より■


8月21日 本日すずき歯科にて、少ししか変化していなかった埋伏歯に小さな小さなブラケット?が付けられた。歯が見えていた部分は直径5㎜程でしたが、今まで引っ張ってきたワイヤーで続けるより、向きがよいとのことでした。少しずつですが前進していてうれしいです。受診中は、つわりも治まっていて助かりました。


長谷川歯科診療所は、先生がお一人で完全予約制なので、時間さえあれば、診察室でユニットに座る前に、お話をうかがうこともできる。この日は、埋伏歯について、Akoさんが質問した。

Ako:埋伏歯が、思っていたほど早く出てこないのですが、ワイヤーで引っ張る方法でよかったんでしょうか? たとえば、切開して、埋伏歯を下げたり……。
Doc.:歯が生えるスペースだけつくっておいて、埋伏歯を抜いて、本来生えるべき場所に穴をあけて移植する方法ですね。
Ako:その場合、神経はダメになっちゃうんですよね?
Doc.:そうですね。歯は、根っこの先から神経や血管がつながっているので、一度抜いた段階で神経が切れてしまいます。歯の中に残った神経は、そのまま放置すると膿の袋ができて腐ってしまいます。ですから、移植する場合は、移植歯の中の神経を全部とるんです。神経の代わりに薬を詰めて、移植先にもっていきます。ただ、神経をとっても、それで、その歯が終わりということでは決してありませんから、ご心配ありませんよ。その歯がうまくいくかどうかは、歯の周りの歯根膜の状態によります。
Ako:埋伏歯を矯正で出すのと、移植してしまうのと、どっちがよかったんでしょうか?
Doc.:それは、時間やご本人のご都合によりますね。でも、やはりいいのは、矯正で引っ張り出してくる方法ですよ。移植の場合、埋伏歯をうまく掘り出せればいいんですけど、自然に生えてこないということは、物理的にどこかで歯がひっかかっているわけですから、それを堀り出すというのは、大変です。確かに、矯正だと時間がかかってしまいますが、ご本人の負担が一番少ない方法ですから。傷痕が残るわけでもありませんし、神経もそのままですし。
Ako:そうですね。わかりました。

待合室から診察室に移動。

Doc.:どうですか、お口のなかは。
Ako:大丈夫です。先生、あの、3人目ができまして…。
Doc.:それは、おめでとうございます。
Ako:ありがとうございます。
Doc.:何ヵ月ぐらいですか?
Ako:3ヵ月目に入ったところです。つわりがひどくて、歯磨きがうまくできません。
Doc.:つわりで胃酸が逆流してくることがありますよね?
Ako:ええ。
Doc.:虫歯っていうのは酸蝕症です。虫歯菌が出す酸も、外来の酸も、酸は酸なんですよね。ですから、つわりの胃酸で虫歯になることがあります。たとえば、酸が強い工場で働いている方などは、虫歯菌がいなくても、外来の酸で虫歯のような症状になることがあるんですね。つわりの時期というのは、それと同じ状況ですから。
Ako:なるほど……。
Doc.:歯ブラシも、奥に入れるとえずいてしまって、奥のほうはなかなか磨けない時期がしばらく続きますので、その時期だけ、なんとかしのいでいただけたらと思います。
Ako:オエーッとならないように、喉のあたりを緊張させて歯磨きしているんですけど、リステリンがないと不安です。
Doc.:リステリンも、7割はアルコールですからね(笑)
Ako:よくないんですか?
Doc.:いいえ。アルコールでお口の中の清潔に保つ薬品というのは、19世紀の終わりから使われているものですから、特に害はないと思います。つわりは一時期のことで、ずーっとそのままということではありませんから、落ち着かれるまで、ひとまず、しのいでいただくしかありませんね。Akoさんの場合、矯正治療を始めてから時間が経っていますから、矯正器具が入っている状態自体は、それほどストレスにならないと思うんですが、いかがですか?
Ako:ええ、そうですね。ただ虫歯だけが心配です。
Doc.:そうですか。私も、注射とか麻酔とか、本当は安定期に入ってもあまり使いたくありません。万が一、何かあったとき、何のせいだったかわかりませんからね。一応、学問的には大丈夫と言われてはおりますけど、人間のからだは学問だけで済むものでもありませんので。

■診察
Doc.:頭つけていただいて、イスを倒しますよ。
ユニットが倒れる。

Doc.:拝見します。

h20-1.jpg

Doc.:歯ぐきの色もいいですし、以前は下がっていた移植歯の周辺の歯肉も盛り上がって、前後の歯の歯ぐきと比べても、問題ありませんよ。

Ako:あ、モニターが……!
Doc.:白黒なんですけどね。……ほら、ここ汚れがついていますね。
 
h20-2.jpg

Doc.:虫歯について、ご心配になることはありませんよ。「虫歯じゃないか?」というストレスのほうが、かえってお体に影響があるかもしれません。
Ako:あんまり考えないほうがいいですね。
Doc.:歯ぐきの状態も問題ないですし、お口のなかの状態は悪くないですから。

Doc.:接着がはずれてますね。ですが、生理的動揺の範囲と思います。あ、埋伏歯が、ここまで来てますね。もう、あと一皮というところです。歯が生えるスペースも、きちんと空いています。

h20-3.jpg

Ako:埋伏歯、きちんと出ますか?
Doc.:出ますよ、ここまでくれば。だって、あんな奥にあったのが、ここまで来ているんですから!大丈夫です。移植しなくてよかったですよ。生えるスペースもこれだけ確保されていれば、あとはすずき先生のお手のものです。

長谷川先生が、とても力強く「出ますよ!」とおっしゃってくださるので、Akoさんも安心したのではないだろうか。横に居る私まで、「そうだ、もうじきしっかり出てくるんだ」と、なんだかとてもほっとした。

■クリーニング
Doc.:今日は、クリーニングだけさせていただいて、それでやめておきましょう。
Ako:このクリーニングって、歯がきれいになるんですか?
Doc.:これは、歯の周りの溝のなかの汚れを全部出すものです。汚れがあれば、全部きれいに出ますよ。

h20-4.jpg

クリーニングは、超音波の機械で歯の周りの汚れ、歯石をとっていく。

h20-56.jpg
 
患者はクリーニングの様子をモニターで見られるので、先生の説明が大変わかりやすい。

Doc.:こういう汚れはあまりお気になさらずに、手入れが大事なのは歯ぐきの奥の汚れですね。Akoさん、よく手入れなさっていますよ。普通、矯正器具のこういったところに汚れがついているものですが、矯正器具のところもとてもきれいになっていますから。心配なさらないで、大丈夫ですよ。

<左上2番の虫歯について>
Ako:左上の2番が虫歯じゃないか気になるんですけど。

h20-7.jpg

Doc.:そうですね。初期の虫歯ですね。でも、これぐらいでしたら、このまま維持できますよ。お痛みが出るほどにはならないと思います。きちっとした治療をすれば、神経をとるほど進行することは、まずないと思いますから、ご心配なさらず。もし、処置するということになりましても、麻酔せずに、レーザーで治療ということも可能です。レーザーでしたら、痛みも、ご辛抱の範囲だと思いますから。
Ako:矯正治療中に歯と歯のあいだが空いて、虫歯だと気づいたんです。
Doc.:それはよくあることです。本当は、今のように歯のあいだがあいているほうが治療しやすいんですけど、今はこのままで大丈夫ですよ。

■今後の治療について
<歯の位置のチェック>
Doc.:一度、上下の歯を合わせていただけますか。……上の奥歯は、矯正治療で今後、位置が変わるんでしょうかね?
Ako:どうなんでしょうか、わかりません。
Doc.:左下のかみ合わせは、これで様子を見ていただいて、矯正のワイヤーがはずれた頃、これ以上歯を動かさないという段階で、調節いたしましょう。
Ako:下の歯に関しては、すずき先生が、右に2ミリ動かすと、おっしゃっていました。
Doc.:そうですか。左上の奥歯はこれ以上、動かさないと思いますけどね。

<つわりの時期の虫歯予防について>
Doc.:歯ブラシは何を使っておられますか。
Ako:毛先が細いものを使っています。それと、以前いただいた毛が一列のもの。
Doc.:一列の歯ブラシ、うまく使えますか?
Ako:はい。あと、音波歯ブラシも使っています。

Doc.:あと、虫歯予防としては、フッ素系の歯磨き粉やうがい薬が有効です。一応、胎児には影響ないとされています。
Ako:フッ素は、胎児に影響があると聞いたことがあるんですが……。
Doc.:そうですか。もしかして「小さい頃のフッ素摂取がよくない」という話ではないですか?
Ako:ええ、そのお話も聞いたことがありますが、胎児についても耳にしたことがあって……。
Doc.:そうですか。もしご心配でしたら、ちょっとでも疑いがあることは、一切なさらないほうがいいですよ。

Doc.:そうですね……あと使えるのは、水鉄砲かな。
Ako:水鉄砲ですか?
Doc.:歯科専用の水鉄砲です。この期間は、もう、道具に頼るしかありませんから。

新品をもってきて、見せてくださる。

h20-8.jpg

Doc.:器具のなかに水を入れて、ふたをして使っていただきます。中に入れるのは、ただの水です。リステリンを薄めて入れていただいても結構ですよ。水を入れてから出てくるまでに多少時間がかかりますが、かなり強い勢いで出ます。
Ako:これだけで変わりますか?
Doc.:ええ。お口の中の奥歯や、ワイヤー、歯と歯のあいだにあてて、使ってみてください。

先生に手渡された水鉄砲を使ってみる。

h20-9.jpg

Doc.:これは、お祝いで差し上げましょう。商売もので申し訳ないですが(笑)、心ばかりの品です。
Ako:ありがとうございます。
Doc.:これは、携帯して持ち歩けますから、工夫して使ってみてください。決して無駄にはなりませんので。

<妊娠中の通院について>
Doc.:これから、どうしましょうか? 虫歯治療も、レントゲンも、しばらくのあいだはしませんから。ご心配でしたら、おいでいただいて、今のようにクリーニングだけさせていただきますけど。

h20-10.jpg

Ako:どれぐらいに一度、うかがえばよろしいでしょうか?
Doc.:たとえば、歯槽膿漏の方は、月に一度おいでになりますね。ただ、Akoさんの場合は、口の中がとてもきれいな状態ですから、ご心配なときにいらしていただければいいですよ。今日は、これで終わりにいたしましょう。足元お気をつけください。
Ako:ありがとうございました。

先生は、いつも「足元お気をつけください」と声をかけてくださるのだが、今日のはAkoさんの赤ちゃんの分も入っているような気がした。受付で、次回のクリーニングのとりあえずの日程を決めて、治療終了。






次回の予約:2007/9/25 10時

■本日の感想■

長谷川先生に診ていただくと、本当に安心です。

投稿者 shino : 09:17 PM | コメント (0)

June 14, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第19回 口腔内の定期観察

本日のメニュー

■移植歯の虫歯治療
■左下奥のコーティング
■かみ合わせ調整




■AKO日記より■


5月22日 このところずっと痛む左側の歯にどんな処置が待っているのか…と思っていたら、なんと左下7番が虫歯になっていると!またしても虫歯、志野さんが笑っている・・・。


5月23日 痛んでいた虫歯、治療して頂き麻酔が抜けてから同じ痛みが出ていますが、きれいになっている自信で“何てことありません!”


5月26日 昨日すずき先生のところを受診しましたが、左に寄った下の歯を右に移動させるためにいつもより強く締められた感があり、噛み合せが変わりそうです。


5月30日 このところ痛みや、バリバリと音がしていた顎が上下しっくりとし始めました。


6月1日 長谷川先生に薦めていただき、以来、使い続けている『リステリンのウィスキー色・1リットル入』が近所の薬局で特売に出ていて、3本買って来ました。用法は、口に含み30秒グチュグチュするように、と書かれていますが、涙が出そうで目が真っ赤になります。舌の付け根のお肉がピリピリに耐えられなくなります。ただ、使用後の爽快感は他には無いのでは、と思います。私は夕食後の歯磨きのあと、これを口に含んでお風呂に入ります。舌が我慢できないのを過ぎると、歯茎全体がムズ痒くなり、“バイ菌全滅!”のために、吐き出すのが勿体なくなってきます。で、お風呂を出る際にやっと吐き出します。使用感の良さは次の日の朝さっぱりしているのでよく判ります。『リステリンのウィスキー色』、お薦めできます。


■待合室で
ー今日は、歯の痛みありますか?
Ako:前回のような痛みはなくなりました。歯がしっかりかみ合っているような感じがします。
ー埋伏歯のほうは?
Ako:前回、すずき矯正歯科で埋伏歯をひっぱる力を弱くしてもらったせいか、変わらないですね。スペースが足りなくて、歯の丸みを帯びているところがひっかかっているのかしら? スペースさえあれば、歯が生えてくるときみたいに自然におりてくるものなのかな? それとも、引っ張らないと、ある程度でたら、止まってしまう仕組みなのかしら?

Doc:前回から、何か気になることはありましたか?
Ako:痛みはなくなったんですが、左の奥が沁みます。それと、移植歯の根元のところがちょっとだけ点々と黒くなっていて虫歯じゃないか、心配です。

■移植歯の虫歯治療

h19-1.jpg

Doc:移植歯、虫歯になっていますね。でも、数値は12と、とても浅いので、気にするほどではありません。よく気づかれましたね。
Ako:やっぱり虫歯ですか。珈琲をよく飲むので、着色かなとも思っていたのですが。
Doc:移植歯の虫歯は処置しましょう。浅いので、痛みはありませんよ。

深くないので、麻酔なしで治療。

h19-2.jpg

タービンで削って、コンポジットレジンを入れ、青い光で固める。

■左下奥のコーティング

h19-3.jpg

Doc:奥歯はコーティングをしておきますね。

h19-4.jpg

左だけではなく、右側も全体的にかみあわせをチェック。
咬合紙で上下左右いろんな方向に歯ぎしり。

h19-5.jpg

h19-6.jpg

h19-7.jpg

h19-8.jpg

この作業を何度か繰り返して、しみる奥歯をコーティング。すごく丁寧にしてくださっているのがわかるので、安心。

■かみ合わせ調整
Doc: 左下のあたりがきつくなっていますね。かみ合わせも調整しておきましょう。横方向に歯軋りしたときに、特にきつく上下の歯が当たるので、少し、落としておきましょう。バンドをしないなら、本当は固定したほうが安全です。固定しても、いつでもタービンで削れますから。

咬合紙で左側だけではなく、右側のかみ合わせもチェック。先生の指示に従って、上下左右に歯軋りをしていく。
Doc:まっすぐ噛んでください。……あわせてみてください。はい、OKです。あいてください。

h19-9.jpg

かみ合わせを何度も調べて、少しずつタービンで削っていく。これも、丁寧に何度も繰り返し。
Doc:今回は、咬合調整のためにコンポジットを削っただけですから。ご自分の歯は削っていないのでご安心ください。こうやってかみ合わせのために削るのも、矯正のため、今だけの一時的なことと考えてください。
Ako:はい。

h19-10.jpg

Doc:左下奥の3本は、少し動揺がありますね。召し上がったものが、隙間に入ると思うので、ゆすいでくださいね。最後に、レントゲン撮影をして終わりましょう。

レントゲン撮影。先生は準備にとりかかる。テキパキとしているが、セカセカとはしていない。無駄がないきれいな動き。レントゲンを浴びないように待合室で身を低くしていると、診察室と待合室のあいだに置かれたロッカーを指して「これがあるし、大丈夫ですよ」と一声かけてくださった。
レントゲン撮影、終了。

Doc:すぐに現像しますね。すずき先生(すずき矯正歯科医院)の次回の受診はいつですか?
Ako:来週の金曜日です。
Doc:そうですか。すずき先生との連携はうまくいっているので、ご安心くださいさい。
Ako:ありがとうございます。

などと話しているうちに、レントゲンの現像ができてきた。

h19-11.jpg

Doc:先月と大きな変化はありませんね。手前の小臼歯が動いていたので安静を保つように、削りました。
Ako:すずき先生のところで、今、下側の歯を2ミリ右に寄せるようにしていただいています。
Doc:そうですか、わかりました。次回も、経過観察になります。
Ako:ありがとうございました。






次回の予約:2007/08/28 10時

■本日の感想■

移植歯、やっぱり虫歯でしたね……。

投稿者 shino : 12:14 PM | コメント (0)

May 22, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第18回 口腔内の定期観察

本日のメニュー

■左下7番の虫歯治療
■移植歯ほかのチェック

■Ako日記より■

4月24日 今日はすずき歯科を受診したのですが、左下5番にブラケットを付けるためか、移植歯を支えていた隣の歯との固定用ボンド?をのこぎりかヤスリみたいなもので切り離されました。移植歯を親指で押さえられながらでしたが、これまであまり力を掛けないようにと長谷川先生に指導され気を付けてきた歯なので、揺れが響き痛みに近いので途中で止めて頂きました。

4月25日 埋伏歯はさておき、左下のどの歯かが痛みます。痛いのは歯茎?

5月1日 我慢できる程度の痛みですが、ずっと続いています。

5月5日 今日は夕方から左側の上下の歯が今までより痛み、頭痛もあります。以前移植か何かの際処方された鎮痛剤【ポンタール】を飲んでみました。

5月6日 左の上下の歯が夜中も痛かったのですが、起きてもまだ痛みます。娘に「左頬が腫れている」と言われましたが、自分では分かりません。GWの疲れからきている痛みならよいのですが。冷たい物もかなりしみます。

5月8日 以前すずき歯科にて何種類か頂いた“矯正装置用のフロス通し”ですが、ナイロン糸のような素材のものが、使いやすくてそればかなり使っていたせいか、切れて使えなくなってしまいました。

5月10日 日中気になる痛みはなかったのですが、夕食時、軽いお酒を飲み間もなく左の上下の歯が痛み始めました。直ぐにお酒は中止。


密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:いかがですか?お変わりありませんか?
Ako:左の奥歯のあたりが上下ともとても痛いです。
Doc.:そうですか。では拝見しましょう。どんなふうに痛いですか?
Ako:食べ物を噛んでも痛いし、熱いものや冷たいものがあたっても痛いです。前回、すずき矯正歯科でバンドを入れるために、歯と歯の間の確認をガリガリとされたのですが、それから痛い気がします。
Doc.:歯が痛いですか?それとも歯茎が痛いですか?
Ako:よくわかりませんが、6番と7番の間に痛みがあるような気がして不安です。
Doc.:7番の神経は生きているので、痛みが出るというのは、やはり7番でしょうね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:風をあててみますね。いかがですか?
Ako:あまり痛くないです。
Doc.:では、クーラントスプレーという冷たいものをあててみます。神経が生きているかどうかためすものです。
Ako:ヒー!しみます。
Doc.:どうやら歯のようですね。よく見てみましょう。歯茎は大丈夫のようですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:虫歯でしょうかね。チェックしてみましょう。

<19…22…26>
Doc.:歯随に痛みがくるほどでもないと思うのですが、数値が26ということは治療をしたほうがいいですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:フロスしてみましょう。そんなに汚れはたまっていませんよ。
Ako:フロスもできるのですか?
Doc.:できます。すき間がありますからね。
Ako:上の歯も痛かったのですが、それは何故でしょうか?
Doc.:ワイヤーを装着していますので、矯正力かもしれませんし、矯正治療をしたら、それまでおさまっていた虫歯の痛みが出てくることがあるので、それでかもしれません。他には、かみ合わせを調整するときに、上の歯を削ったせいかもしれません。そちらはコーティングすることにします。

■虫歯治療
Doc.:では、虫歯治療をします。消毒して麻酔を打ちます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <麻酔>

Doc.:苦いですが我慢してくださいね。麻酔が効いてくる間にレントゲンを撮っておきましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<レントゲン。時間を少しも無駄にしない長谷川先生の手際の良さに感激!>

Doc.:では麻酔が効いていましたので処置を続けましょう。まずラバーダムをします。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <ラバーダム。このように、処置する歯のみが出ている状態になる>
Doc.:ラバーダムはいろいろな種類があるんですが、これは、透明なんです。舌の位置や、唾液のたまり具合などを確認できます。
Doc.:接着に一番いけないのは、湿度なんです。呼気、吸気によって湿度が変わると治療に影響します。ですからラバーダムは必ず必要なんですよ。

Doc.:少しイスの位置を変えますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <顕微鏡をセットして…治療開始>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:タービンを使います。ガリガリしますよ。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<虫歯チェック…数値は12>

Doc.:そんなに深くないですね。レジンを詰めているところに小さいすき間があるようです。その間にバイ菌が入ったのかも知れないですね。

〜また虫歯チェック…数値は80を超える…〜
Doc.:この数値は、虫歯が深い時と、神経に近い時にも反応しますので。これは神経に近いからでしょう。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レジンを塗って照射し、固める>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <咬合紙をカチカチ、ギリギリする>

Doc.:7番というのは、もともとかみ合わせがキツイのです。たいていの人は、7番から歯が割れてきます。7番があまりあたらないように調整しておきます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <かみ合わせを調整>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc:では、レントゲンの確認をします。

<レントゲンの確認>
Doc.:移植歯の歯根膜のラインがキレイに出ています。これはもう大丈夫ですね。大成功ですよ。矯正治療をしても大丈夫でしょう
Ako:すずき矯正歯科で、7番にバンドを入れることになると思うのですが、大丈夫でしょうか?
Doc.:エムドゲインを入れて矯正治療をしたという文献が、あるとは思いますが、少ないのでどのような結果になるかというお話しはできません。すずき先生に矯正治療をどういうふうに進めるのか聞いてみましょうね。

Doc.:今、すずき先生にお電話してみましたが、7番は触らずにこのままにしておいてもらうようにしました。6番までを矯正治療してもらいます。
Ako:では、移植歯にバンドを入れるんでしょうか。
Doc.:移植歯はもう大丈夫ですので、バンドを入れても構いませんよ。入れやすいように6番と7番の間のレジンを削っておきましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Ako:左下5番を鈴木先生に動揺していると言われたのですが、いかがでしょうか。
Doc.:生理的動揺の範囲だと思います。ポケットも特に深くないので、そんなに気にされなくても大丈夫ですよ。
Ako:わかりました。安心しました。ありがとうございました。
Doc.:では、また定期的に観察していきましょう。
       

次回の予約:2007/06/14 10時

■本日の感想■
虫歯でしたね……、また……。左側の上下の歯がすごく痛かったので、てっきりすずき矯正歯科で歯間の空き具合をチェックするためにガリガリされたせいだと思っていました。すみません、鈴木先生!長谷川先生に、定期的に口の中全体をチェックしてもらえるので、すごく安心しています。また虫歯ができても、すぐに処置してもらえますね…。

投稿者 shino : 12:36 PM | コメント (0)

March 27, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第17回 左下7番のチェック

本日のメニュー

■左下7番のチェック
■歯の掃除

■Ako日記より■

3月6日 ここ2・3カ月そのままにしてあった移植歯とその直前の歯との間の詰め物を、歯間の掃除がしやすいように貫通させて頂きました。これで歯間ブラシも入るので安心です。

3月18日 変な夢を見た。小さい鏡を口にくわえ、洗面所の鏡に反射させ埋伏歯がどのくらい出てきたか見ている。日中よくやっていることでしたが、そこにうつったものは、歯茎にポッカリ穴があいていて、3本くらいの歯が歯肉の奥で我先に出ようと押し合っている。そのせいでどれも出られない、という内容のもの。起きて直ぐ鏡をくわえて確認してみましたが、何も出ていませんでした。

3月26日 今月はとても忙しく日記をつけることも忘れがちに。気が付けば両顎が口を開ける際にバキバキッと鳴るようになっていました。


密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:おはようございます。いかがですか?
Ako:はい。特に問題はありません。

Doc.:では、拝見します。左下7番は、ずいぶんしっかりしてきた感じですね。歯茎の色もいいですし。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:埋伏歯も盛り上がってきたんじゃないですか?一列歯ブラシはいかがですか?
Ako:とっても良いです!

Doc.:ではレントゲンを撮りましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲン>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <一本ずつ点検>

Doc.:動揺も正常範囲ですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <超音波のスケーラーで掃除>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <←キーンキーーンと音がするけれど、すごく歯石が取れている感じ。これが超音波のスケーラー>

※超音波のスケーラーについて・・・主に歯肉縁上の歯石除去が目的とされる。音波による振動を利用して歯石を除去するが、この振動が高周波数であるため、歯石破壊や除去を非常に効率的に行うことが可能。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲンを見なが説明>
Doc.:骨の量自体ははあまり変わっているようには見えませんが、「レントゲン写真は一方向からの影」の様な物ですから、すべてが写っているわけでも有りません。しかし動揺が少なくなっているところからも骨がしっかりできている様ですね。

Ako:貫通させていただいた所は虫歯になっていませんか?とても心配です。
Doc.:出血もしていないし、キレイになっていますから大丈夫ですよ。中があいているので歯ブラシが十分届いています。では今日はこれでいいでしょう。次回の予約は2カ月後ぐらいで大丈夫です。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2007/05/22 10時

■本日の感想■
今月はいろいろ忙しかったので、なかなかケアできなかったのですが、虫歯になっていなくて良かったです。超音波のスケーラーは、やっぱり痛いのですが、キレイにしていただけて嬉しいです。

投稿者 shino : 11:43 PM | コメント (0)

March 06, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第16回 左下7番のチェック

本日のメニュー

■左下7番のチェック
■歯の掃除

■Ako日記より■

3月2日 今日は左上7番にバンドが着き、医院からの帰り道や昼食までは特に痛みもありませんでした。夕食時、どの歯が痛いか分からないほど全体に響く痛みがある。子供向けに小さく軟らかく作ったメンチカツをあまり噛まずに(噛めずに)舌で押しつぶしながら食事を済ませる。痛みはいわゆる矯正の痛みで、歯磨きもかなり響いて痛みます。埋伏歯は痛くありません。

3月3日 桃の節句なので茹でた菜の花、全ての歯が痛み茎が噛めないので、すりこぎを出してきて押しつぶして食べました。


密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:おはようございます。いかがですか?
Ako:歯を磨けないのがツライですが、大丈夫です。
Doc.:今日はレントゲンを撮りますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲン>
Doc.:では、拝見します。
Ako:右下の奥のワイヤーが飛び出てきたので切っていただけますか?
Doc.:歯が動いてきたんでしょうね。先に切りましょう。これでいかがですか?どうしても痛いようなら、ワイヤーの先をコンポジットレジンでカバーすることもできます。
Ako:大丈夫です。ありがとうございます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<赤いのは咬合紙。これを噛んでかみ合っているかチェックする>
Doc.:では、かみ合わせをチェックしましょう。カチカチしてください。次は歯ぎしりしてください。

Doc.:かみ合わせは大丈夫ですね。
Doc.:特に汚れているということはないですよ。超音波のスケーラーでお掃除しておきますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
Doc.:特に汚れているということはないですよ。超音波のスケーラーでお掃除しておきますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <全部の歯の掃除。ブラケットの間も丁寧に掃除します>
Doc.:移植をした歯の歯茎の色も状態もいいですね。
Doc.:良い状態ですよ。ワイヤーが着いているのである程度汚れが溜まるのは仕方ないですが、よくお掃除されていると思います。歯石もそんなについていません。

Doc.:歯の周りの歯周ポケットと言われるところを掃除しました。歯周病菌はこの中で塊になって、容易にははがれない状態で生きています。また空気のあるところでは生きられないので、一ヶ月に一回ぐらい、超音波スケーラーで除去して、かき混ぜると細菌層が変わって状態が良くなるのです。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲン結果を確認>
Doc.:骨が増えているというのは、はっきりとは写ってはいないですね。まだ2ヶ月ですから、うっすらと見えている程度でしょうか。

Doc.:移植歯の周りの歯根膜はくっきりとしてきましたね。歯根膜があるということは歯のまわりに骨ができてくるということですからすごいですよね。歯根膜がなくなると、今回のようにエムドゲインで骨をつくるという方法になります。

Ako:移植歯の頭の部分は隣の歯とつなげられているんですが、歯茎のところが中途半端に開いていて、掃除ができないので虫歯にならないかと心配です。

Doc.:固定を少し削りましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <タービンでコンポジットレジンを削り、頬側と舌側を貫通させる>
Doc.:これで完全にスルーになったので、大丈夫です。掃除出来ると思いますよ。

Ako:ありがとうございます。鈴木先生に移植歯のクラウンのことを伺ったら、矯正治療で動いてかみ合わせが変わるので、まだ必要ないとのことでした。矯正治療の最後にお願いします。

Doc.:わかりました。歯磨きの時に移植歯のところやエムドゲインを入れたところをゴシゴシなさいませんように。Akoさんは、歯ブラシはどんなのを使ってらっしゃいますか?

Ako:小さくて長いノ矯正用?のかな?
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
Doc.:この一列歯ブラシをご存じですか?これは、つまようじ磨きみたいにワイヤーの中にブラシを入れて歯を磨くことができてすごくいいですよ。差し上げましょう。ではこれで終わりにしましょう。また、一ヶ月後ぐらいに診せてください。

Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2007/03/27 11時

■本日の感想■
全部の歯をキレイにしてもらえてすごくスッキリしました。超音波のスケーラーはちょっと痛かったですがノ。移植歯のところも掃除できるようにしてもらえたので安心しました。

投稿者 shino : 03:36 PM | コメント (0)

February 02, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第15回 抜糸と最終チェック

本日のメニュー

■抜糸
■最終チェック
■Ako日記より■

1月23日 9日に高さを落としてから痛むことが多かった左下7番の歯に骨再生療法を受けました。痛みはないのですが午後には頬が腫れてきました。

1月24日 左頬が腫れているので、外出時はマスクを着用。傷や頬の痛みは全くありません。


■抜糸
Doc.:いかがですか。
Ako:磨けないので気持ちが悪いです。臭いもするような…。歯磨きはいつまでしたらダメなんでしょうか。
Doc.:2~3週間は我慢してください。リステリンを使ってうがいをしていただければ大丈夫だと思いますから。これは、傷に対する注意で、エムドゲインに関しては特に注意することはありません。他には大丈夫ですか?
Ako:はい。大丈夫です。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
Doc.:では見せてください。腫れているところもないですね。
Doc.:抜糸いたします。
<抜糸>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <糸。緑の糸がナイロン製の糸で、他に黒い糸があり、それは絹糸。絹糸は強く締まる。ナイロンの方は長期間抜かない時等に劣化しないため、使用されることが多い>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Ako:歯肉が下がっているところは治りますか?
Doc.:今下がっているのは、外科的な侵襲ですので、必ず治ります。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Ako:んーしみる!
Doc.:しみますか?キレイにしていますからね。頑張ってください。ご心配になるほど汚れていることはないですよ。傷は良く治ってますね。

Doc.:はい。糸を全部とりました。消毒します。
■最終チェック
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
Doc.:噛んでください。はい、歯ぎしりして…。いいですね。安定は保たれています。
Ako:下の顎が小さくなってきた気がするんですが、そんなことはないですか?
Doc.:下の顎が小さくなることはないですよ。上の顎と下の顎では作りが違うんです。上顎は真ん中に縫合があるんです。これを割って広げることができるんです。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 ところが、下顎にはそれがないので、広がることはないです。ですから下の顎が小さくなることは有りません。ただ、歯が倒れてくることはあります。でもそれも矯正治療をしているので治りますよ。大丈夫です。
Doc.:歯ブラシは2月中旬ぐらいまでやめてくださいね。Akoさんは、もともとゴシゴシやる人なので…。(笑い)
Ako:ハイッ!やりません。

Ako:数あるうがい薬の中でリステリンを勧められるのは何故ですか?
Doc.:リステリンしか実験をしたことがないからです。リステリンのことは昔調査をして論文を書いたことがありますので、確かなことが言えます。他にももしかしたら、良いうがい薬があるのかもしれませんが、はっきりとは申し上げられません。リステリンのウイスキー色のはとても良いですよ。ぜひ使ってください。

Doc.:すずき先生に全体的な矯正治療が落ち着くのはいつ頃か聞いておいてください。左下の移植歯の修復がありますのでね。当院では、これで治療は終わりになります。あと2ヶ月ごとぐらいに定期観察にいらしてください。

Ako:他に治療をしておいた方がいいところはありませんか?

Doc.:特に今はありません。ただ、矯正をしていたら、出てくるかもしれません。今まで何ともなかったものが、矯正治療をすることによって虫歯菌が活発に動き出す…なんてことが時々あります。その時には、また虫歯治療にいらしてください。
Ako:わかりました。ありがとうございました。

次回の予約:2007/03/06 10時

■本日の感想■
ついに治療が終わってしまいました。次回、どれだけ骨が再生されているのかすごく楽しみです。まだ1ヶ月ぐらいじゃそんなに変わりはないのかもしれませんが。

リステリンって良いんですね。知りませんでした。ウチでは子供もやっていますがすごく辛いんですよね!先生の仰っていたウィスキー色のが特に…。歯磨きができないので、がんばってリステリン使おうと思います!

投稿者 shino : 02:30 PM | コメント (0)

January 23, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第14回 左下7番の処置、骨再生療法

本日のメニュー

■左下7番の周りの歯茎を切開
■エムドゲインを入れる
■縫合
■Ako日記より■

1月12日 朝冷水でうがいをし、左下奥の歯が痛み出し、2時間ほど続く。

1月15日 昼食時、食べ物が左下6番・7番の間に挟まってズキズキと痛み、夜まで続く。

1月18日 12日に鈴木先生に処置していただいた埋伏歯の牽引、引っ張られている感覚は直後だけで次の日には痛みもなくなる。今回は、牽引に使用するチューブを自分で取り替えるために数本頂いてきており、今取り替えてみましたが、一本ずつが少し短く、力をいれて強く結ぶことが出来ませんでした。

1月22日 夕方、左下奥の歯が痛み出し、3時間ほど続いた。


●左下7番の処置、骨再生療法
Doc.:本日は、歯茎を切開して、炎症性の組織を取ってキレイにし、エムドゲインという薬を入れて縫合します。
Ako:わかりました。お願い致します。

Doc.:では、抗菌剤と痛み止めを飲んでください。
Doc.:見えにくい場所なので少し時間がかかるかもしれませんが始めますね。

Doc.:移植歯(6番)と7番の頬側の間に骨が極端に少なくなっている部分があります。そこにエムドゲインを入れますね。これがエムドゲインです。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <エムドゲイン。乳白色のドロリとした液体>

Doc.:では、塗布麻酔をしてから麻酔をします。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <麻酔>

-ちょっと痛そうな顔のAkoさん-
Doc.:ゆすいでください。麻酔が効くまで少し待ちましょう。
Ako:苦い…
Doc.:ご気分はいかがですか?
Ako:大丈夫です。
Doc.:では、始めましょう。イスを倒します。

Doc.:(風をあてて)しみますか?
Ako:はい。
Doc.:歯茎に効く麻酔なので、歯がしみても問題ないですよ。
Doc.:では切開していきます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<頬側の歯茎を歯の形に沿って切開していく。血がドバッと出るのかと思ったがそういう訳でもない>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <マイナスドライバーのような形の器具で、骨を開いていく。結構力を入れている様子。固そうです>

Doc.:移植歯はよくくっついていますね。普通の歯と変わりませんよ。大成功ですね。
Doc.:お痛みはありませんか?
Ako:…(頷く)。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:はい。骨が開きました。鏡で見てみますか?
Ako:…(激しく頷く)。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Ako:こんなに開いてもくっつくんですか?
Doc.:すぐにくっつきますよ。今、くっつけただけで、もうくっついてきますから。

Doc.:絶対見たくない、という人もいますが、Akoさんは平気なんですね。
Ako:自分でやりたいぐらいです!
Doc.:以前、自分の虫歯を自分でレーザー治療したことがありましたが、痛かったですねえ。
Ako:えー麻酔はしないんですよね?レーザー治療って痛くないんじゃなかったですか?
Doc.:角度によっては痛いこともあるんですよ。自分でやると難しいです。
Ako:へーそうなんですか。

~こんな雑談が歯茎を切開しながら繰り広げられた…。二人の楽しげな会話に唖然。すごく変な光景です!!Akoさん、なんで普通にしゃべってんの!?って感じです~
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
Doc.:炎症性の組織を取り除いて、キレイにしています。

Doc.:レントゲンで、6番と7番の間に骨が少ないのがわかりますが、やはり頬側もずっと少ないですね。歯を囲む骨を4つの壁とすると、7番はそのうちの1壁がない状態ですね。

一般的に歯槽膿漏だとこのような骨の無くなり方はあまりしないので、かみ合わせによるものでしょう。「咬合性外傷」と言われるもので、噛み合わせの方向によって無理な力がかかり、骨が減ってくるんですね。奥歯からなる人が多いです。

Doc.:では、薬品で掃除をしてキレイになりましたから、エムドゲインを入れていきます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<一気に入れて、すぐに閉じる>

Doc.:縫合します。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <いつものように、顔を保護して縫合>
~縫合用の針は湾曲していて縫いやすそうにできている。そして、針をハサミのようなものでつまんで縫うのだが、つまんだところで固定されて普通のハサミのように押さえている必要がない。当然だけれど、うまく作られているなあと感心!~

Doc.:3針縫いました。これでお終いですよ。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <こんな感じになりました。頬側を切開してエムドゲインを入れ、縫合しました。内側に黒く見えているのが糸です>
Doc.:あとは、お話ししましたとおり、何日で結果が出るというものではありませんので、このまま待つだけです。

注意点
  • 歯ブラシはしばらくの間、あてない。
  • 固いものを食べない。
  • 強いウガイをしない。
  • 大きな欠伸をしない。(糸よりも、歯茎が切れることがあります)
それ以外は普通に生活をしてOK!

Doc.:では抗菌剤と痛み止めを出しておきますので、飲んでください。何かわからないことはありますか?
Ako:歯茎の間から、エムドゲインがニュルッと出てきたりしませんか?
Doc.:出てきますよ。でも大丈夫です。普通のことですし、飲んでしまっても平気です。

Doc.:では、10日後抜糸をします。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2007/02/02 10時

■本日の感想■
いつものことながら、長谷川先生の手際の良さに感動しました!まったく無駄な動きが感じられず、本当に本当に信頼できる先生です。左下の歯のあたり、むず痒くなってきたら、かみ締めてしまいそうで心配です。

投稿者 shino : 03:04 PM | コメント (0)

January 09, 2007

〜長谷川歯科診療所〜 第13回 左下7番処置の下準備

本日のメニュー

■左下7番の処置
■Ako日記■

12月22日 長谷川先生より左下7番が揺れる事について、一番良い(骨再生療)法で処置していただくことをお願いしました。


>

Doc.:本日は、前回お話しした通り、左下7番の処置を行いますが、歯茎を切開して骨を増やすエムドゲインを入れるのは次回にしまして、本日はその準備として、

  • 7番の頭を落として、安静が保たれるかみ合わせにする。
  • 移植歯の咬合面をつくって、対合歯と噛み合わせる。

これらを進めていきます。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:すずき先生のところで、矯正治療が終わる頃、最終的な綺麗なかぶせものを作りましょう。それまでは仮になりますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所

Doc.:歯の動揺は正常ですね。移植歯の動揺も大丈夫です。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所

Doc.:7番は神経があるので、お痛みが出るといけません。麻酔をします。
<麻酔>
Doc.:舌が痺れるかもしれませんが我慢してください。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<ラバーダムをする。7番の歯1本だけを出して処置できるようにラバーダムを固定する>
Doc.:では、まずつめてある金属を外してコンポジットレジンで形をつくります。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所

Doc.:タービンを使います。痛いですか?
Ako:大丈夫です。
Doc.:金属がはずれました。形を整えていきます。
Doc.:虫歯チェックをしておきましょう。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<数値は20>
Doc.:ちょっとですね。そんなに深くないはずですが・・・・。

Doc.:汚れているところを消毒します。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<薬を入れて、コンポジットレジンを詰める。何度も確認しながら丁寧に>

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<照射して固める>

<コンポジットレジンを詰める>

密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<顕微鏡のライトを黄色に変える>

その理由は・・・

Doc.:コンポジットレジンは黄色の光では固まりにくいんです。この状態で噛み合わせの形をつくっていくんですよ。一般の照明だとすぐに固まってしまいます。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<ラバーダムを外し、確認する>

密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<かみ合わせの調整をして、さらにコンポジットレジンの形を整える>
6番と7番の間にも詰めて同じぐらいの高さになる。

Ako:いすの位置のせいか、かみ合わせがおかしいような気がします。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所    

<座ってカチカチ>

<形を整えて、鏡で確認>

   

Doc.:ではこれで大丈夫でしょう。次回は切開してエムドゲインを入れます。
Ako:ありがとうございました。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所

<このようになりました!>

   

次回の予約:2007/01/23 11時

■本日の感想■

移植歯に負荷をかけるということですが、かみ締めないように気をつけたいと思います。丁寧に処置してくださったのが、良くわかります。次回は、切開です。どんなふうになるのか…。楽しみです。

投稿者 shino : 01:07 PM | コメント (0)

December 23, 2006

レントゲンで見る移植の経過

■これまでのレントゲンを見ながら移植の経過を辿ってみます。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 まだ左下の6番があります。Akoさんは不快を訴えていました。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
移植直前のレントゲンです。左下6番は既に抜歯済み、この日は右下5番を抜歯して左下6番の抜歯窩に移植をしました。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
6番の位置に移植をしました。まわりのモヤモヤしているのが骨。日を追う毎にくっきりして、骨が作られているのがわかります。

密着矯正治療/長谷川歯科診療所 そして移植歯最終確認時のレントゲンです。前回根の部分を処置した際の薬がキレイに入っているのがわかります。7番のaが歯冠、bが歯根。歯冠歯根比、a:b=1:1弱です。

投稿者 shino : 04:10 AM | コメント (0)

December 22, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第12回 移植歯の最終確認と7番の治療法について

本日のメニュー

■移植歯の最終確認
■左下7番の治療法について説明
■Ako日記■

12月12日 本日の調整でもそうですが、埋伏歯の移動を実感できます。

12月13日 夜、寝る前(歯磨き後)、移植した歯のあたりが何となく痛む。(神経はないのだけれど)


Doc.:いかがですか?まず、レントゲンを撮らせてくださいね。
Ako:移植の歯はまったく気になりません。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲン撮影>
●左下7番の問題点

Doc.:問題は移植歯の奥の7番の歯ですね。歯冠歯根比といって、歯冠の長さと歯根の長さの比率がだいたい1対2~3というのが正常の範囲です。以前のレントゲンを見てみると、7番は1対1弱といった感じですね。それでグラグラした感じがするんですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:7番は歯茎が下がっていますね。周りの骨が減ってきているんです。通常、歯周病の検査で使用する、プローブという器具を歯と歯茎の間にある隙間に入れてみた場合、隙間の深さが3ミリぐらいであれば正常範囲ですが、7番の奥の部分の隙間は部分的には7ミリほどあります。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 ●左下7番の処置法

Doc.:7番の歯が周りの歯茎とくっついていないのも、問題のひとつですね。治療の方法としては、次の方法が考えられます。
  1. 7番の周りの歯茎を切って開け、炎症性の組織を取ってしまい、キレイに掃除して縫合する。
    しかし、これだけでは、骨が戻ることはありません。そこで、

  2. 1.のキレイに掃除をしたあと、骨再生を誘導するエムドゲインという材料を塗布してから縫合する。
    もちろん今日やって明日には骨ができるというものではありませんが、長い期間をかけて骨を作っていくものです。

    これは成功症例が沢山ありますので、効果があるのは間違いないのですが、問題があるとすれば、動物由来の材料であると言うことです。もちろん今のところ1件もありませんが、ヤコブ病や狂牛病などに罹患する可能性も0%とは言えません。その点を納得していただければやった方がいいかなと思います。

  3. また、例えば奥歯のさらに奥には、骨がありますからそこから持ってきて埋める、という方法もあります。でもこれは持ってきた骨がどのぐらい残ってくれるかわからないということがありますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:どうされますか?
Ako:やっていただきたいと思います。

Doc.:Akoさんの場合、7番のグラグラは、咬み合わせによるものも大きいので、頭の部分を落として、上の歯と当たらないようにすれば、これ以上あまり進むことはないとは思います。これまでは移植歯の固定源となっていたので、落としていませんでしたが、クラウンの部分を少し落としてみましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <咬み合わせチェック>
結構あたっていますね。削っておきます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <再びチェック>
これでいいでしょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
Doc.:前回移植歯の神経の部分に薬を入れましたが、キレイに入っているのがわかりますね。8月に移植をしてそろそろ4カ月になりました。歯茎の色もいいし、もう固定の必要もないでしょう。

Doc.:今後は、まだ最終的にかぶせるんじゃなく、コンポジットレジンで形を作って、上の歯と咬み合うようにしましょう。負荷をかけて良い時期です。少しずつ負荷をかけていく方がうまく行くと思っています。。使わない組織は退化していくようにできているんですね。

Doc.:すずき矯正歯科での矯正治療の方向性を一度聞いてみた方がいいですね。それによってかぶせものをする時期などを考えましょう。では年明けすぐに用意をしておきます。
Ako:よろしくお願いします。ありがとうございました。

次回の予約:2007/01/09 9時

■本日の感想■
動物由来のものってどうなんでしょうか。でも、せっかくだから全部治してもらいたいです。年を取ったら、もっと歯茎が痩せてきたりして、その時大変な思いをするのはイヤだし。

埋伏歯は出てきそうで…まだです。埋伏歯についているフックにかけられている鎖が3つ見えていたのに、最近また2つになりました。。動いているのはわかったから、早く出てきて!!って感じです。

投稿者 shino : 10:50 PM | コメント (0)

November 24, 2006

~長谷川歯科診療所~ 第11回 移植歯の根の処置

本日のメニュー

■移植歯の根の処置
■Ako日記■

11月17日 埋伏歯を強く引っ張っているので、今までで一番痛みます。

11月18日 昨日の埋伏歯の痛みはかなり弱まりました。

11月20日 右上奥にワイヤーの切り口が出ていて、頬に刺さって痛い。

11月22日 埋伏歯の辺りの歯肉が白っぽいところがあり、痛い。口内炎のようですが、埋伏歯が歯肉を押し、盛り上がって擦れているという感じです。

直前感想 移植したところは、変わりなく順調なんですが、埋伏歯のところに口内炎が出来ました!どこにも当たっていないのに…。たぶん中で歯が動いているんじゃないでしょうか。もうすぐ出てくるかも!楽しみです。


密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:本日は移植歯の神経を取った跡に詰めてある薬を詰め替えます。どうしても詰め替えなければならないということはありませんが、吸収することもありますから念のため詰め替えておきます。
Doc.:気になるところはありますか?
Ako:移植をした歯のひとつ前の歯が倒れてきているような気がするのと、奥の歯がやはり気になります。
Doc.:そうですか。下の歯は、もし倒れてきていても、すずき矯正歯科で矯正治療をされる時に治してもらえますので大丈夫ですよ。では見てみましょう。
Doc.:前の5番の歯は、もともと倒れているようですから大丈夫です。では、移植歯の処置をしますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<ラバーダムをして…>
<穴を開けます> <穴が開きました>
Doc.:イスの位置を少し変えます。
Doc.:タービンを使います。
(この声掛けが、とても嬉しいそうです。Akoさんには先生が何をされているのかわからないので、ひとつひとつ言ってくださると、こういう器具を使っているんだなと想像ができて安心できるんですね。)

Doc.:以前、根の治療をした時に入れていた薬を取っています。
Doc.:中の薬を溶かす薬を入れています。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <薬が残っていないか、何度も確認!本当に丁寧です>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:では薬を入れていきます。<薬、注入!>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:これで閉じてしまいますね。<コンポジットレジンで閉じる>
Doc.:お痛みはありますか?
Ako:ないです。

Doc.:これで元通りです。コンポジットレジンを詰めてあります。
Doc.:かぶせ物を作るのは、もう少し待ちましょう。矯正治療をされるので、またかみ合わせが変わってきます。今の位置で上の歯と合わせても、また二度手間になりますからね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <鏡で確認>
Doc.:歯茎の色もキレイです。固定は…前はくっついていますが、後ろが取れてきていますね。ちょっとやり直しましょう。
~移植歯と後ろの歯の間の所に接着材をつける~
Doc.:接着材が固まるまで、30分ほどかかりますので、飲み物食べ物は控えてください。温度差を与えないようにしてくださいね。

Doc.:埋伏歯はいかがですか?
Ako:口内炎ができてきました。どこにも当たっていないのに、口内炎ができるなんて、やっぱり歯が中で動いているんでしょうか。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <上の歯の状態も診てくださいました>
Doc.:そうですね。これは口内炎ですね。もうひとつのは、違うようですね。もう出てくるんじゃないですか。それで薄くなってきているようですね。

Doc.:では今回はこれで終わりましょう。

次回の予約:2006/12/22 9時30分

■本日の感想■
長谷川歯科での治療は、もう少し続くんでしょうか。できることなら終わらずに、ずっと診ていただきたいです。本当に安心して治療を受けられます。埋伏歯のところも診てくださって良かったです。鈴木先生に診ていただくのが少し先なので心配していたのですが、こちらも安心しました。

投稿者 shino : 09:46 PM | コメント (0)

October 31, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第10回 移植歯のチェック

本日のメニュー

■移植歯のチェック
■左下7番の処置
■Ako日記■

10月25日 装置の調整後で、歯が痛みます。

10月26日 昨日の今日ですが、もうほとんど痛みません!

10月28日 夜の歯みがき後は、フロスをするのですが、最近はどの歯間にもしっかり汚れが溜まっています。以前と歯並びが違ってきています。


密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:移植した歯はいかがですか?
Ako:移植歯の奥の歯の歯茎が落ちているような気がします。
Doc.:では拝見しますね。隣と同じような感じですね。そんなに落ちている気はしませんが…。レントゲンを撮りますので詳しく診てみましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲン>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:移植歯の接着はどうですか?
Ako:接着材が溶けてきているような気がするのですが…。
Doc.:溶けることはないですよ。後ろの方が取れてきていますね。前の方はくっついています。歯茎の状態もいいし、色も元に戻ってきました。いい状態ですよ。もう接着も充分でしょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲンを見ながら>
Doc.:骨が随分出来てきましたね。歯と歯の間のモヤモヤしたものがハッキリしてきて、高さも高くなっているのがわかります。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:奥の7番の骨の量は、一年前のレントゲンと比べても変わっていません。ぐらぐらしていると感じたのはいつ頃からですか?
Ako:移植をする随分前からです。
Doc.:その時から骨の量は特に変わっていないと思いますよ。
Ako:7番の歯は大丈夫でしょうか?保ちますか?
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:上に被せている金属が合っていないようなので、移植した6番と一緒にきちんと処置をしましょうね。
Doc.:かみ合わせを調べてみます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <カチカチ、ギリギリ>
Doc.:1点強く当たっている部分がありますので、少し落としておきましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<削る> <もう一度かみ合わせをチェック…OK!>
Doc.:最終的に、金属をやり直すことを前提に処置をしました。側方滑走といって、歯ぎしりの時の顎の動きのように、ギリギリと動く時に上の歯と当たりすぎると歯が動揺するので、少し落としておきました。
Doc.:移植歯はこのままで大丈夫ですね。次回、接着材を取って、根の治療をします。薬を入れ替えて閉じ、クラウンをかぶせる準備をします。6番、7番が安静に保たれるように処置をしていきますね。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2006/11/24 9時30分

■本日の感想■
終わりが見えてきました。移植した歯は、今は全然何も気にならないんですが、無事に植わっているようで良かったです。奥の歯が気になっていたんですが、処置してくださるとのことで、安心しました。

投稿者 shino : 03:35 PM | コメント (0)

September 22, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第9回 移植歯の固定と虫歯治療

本日のメニュー

■移植歯の固定
■虫歯治療
■Ako直前感想■

9月15日 すずき先生のところで、また虫歯がみつかった。虫歯が多くて恥ずかしい…。

9月16日 移植した歯を固定しているボンドが外れてきているのか、高さが落ちてきて気になって舌で触りにいってしまう。

9月20日
 埋伏歯、見えてはきませんが、少し後ろ(右)に引っ張られているよう。逆に右上5番(虫歯になっていることがわかった歯)は前に傾いたように感じます。

9月21日 下唇、装置に沿って口内炎が出来ていて、食事する時、痛かった。


密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:移植をした歯はいかがですか?接着材が取れたりしていませんか?
Ako:少しボンドが溶けているのかな?と思うのですが…。
Doc.:接着材が一部とれかかっているところがありますね。
Doc.:では、先に写真を撮りましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:気になるところはありますか?
Ako:虫歯です!
Doc.:はい。では見せて下さい。右上5番ですね。
Ako:すずき先生が深いねとおっしゃっていました。
Doc.:あーホント。かなり深いですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <虫歯チェック。数値は80を超える・・・97!>

Doc.:20を超えれば虫歯だと言われていますから、相当深いですね。

Doc.:では、右上の虫歯治療をしますが、まず麻酔をして効いてくる間に移植歯の処置をしましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:右上に着いているワイヤーは外した方がいいですね。あとで元通りにしますので、一旦外します。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <麻酔>
■麻酔が効いてくる間に移植歯の処置
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<レントゲンを見ながら・・>
Doc.:骨が出来てきましたね。なんとなくモヤモヤだったのが、はっきりして密度が濃くなったのがわかりますか?移植から一ヶ月ぐらい経ったので、普通の進み具合ですね。順調ですよ。歯茎の状態も綺麗ですし、いいですね。固定がしっかりしているのでピクリとも動いていないですよ。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Ako:高さは問題ないですか?
Doc.:大丈夫です。咬み合わないように低くしています。
Doc.:今までは透明の接着剤で固定していましたが、今日は白色の接着剤にしましょう。識別できるのでその方がいいですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <接着材をつける>
光照射して固め、また接着材をつける。これを繰り返す。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:上の歯とあたっていないか、かみ合わせをチェックしますね。
Doc.:すこーしだけ、調整します。
■ 虫歯治療
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:5番ですね…金属の下にも虫歯があるような気がしますね。一度金属を外しましょう。
Doc.:金属を外した中も深いですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レーザー治療>
Doc.:5番と6番の虫歯は中で繋がっていました。ではラバーダムをして、コンポジットレジンを詰めていきます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <もうすっかり見慣れたラバーダム姿>

Doc.:はい。終わりました。ラバーダムを外して形とかみ合わせの調整をしましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <形を整えて表面を磨く>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:ワイヤーを元通りにしておきますね。

<ワイヤー再装着>
Ako:6番の内側のところが黒く、虫歯になっているんですが、その治療もしていただけるんですか?
Doc.:6番の内側は、虫歯じゃないですよ。少し青いでしょう?これは、青色のセメントです。この金属をかぶせる治療をされた先生が青色の材料を使用されていただけですよ。
Ako:えー!そうなんですか!虫歯じゃなかったんですね。良かった(ちょっと泣きそう…)
Doc.:6番はほんの少しだけ虫歯になっていたので、削ってコンポジットレジンで治療してあります。これでもう大丈夫ですよ。
■ 本日の治療の説明
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:では、今日は、左下移植歯の再接着、右上5番6番の虫歯治療をしました。また引き続き強いうがいはなさらないように。
Ako:わかりました。ありがとうございました。

次回の予約:2006/10/31 9時30分

■本日の感想■
6番の黒くなっていたところは、虫歯じゃなかったんですね。良かったー本当に良かったです。でも虫歯チェックの数値が90以上って…スゴイですよね?

投稿者 shino : 08:43 PM | コメント (0)

September 01, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第8回 移植歯の固定 

本日のメニュー

■移植歯を固めている接着材を取る
■抜糸
■再び移植歯を接着材で固める
■Ako直前感想■

移植した歯の奥の歯がグラグラしているんです。以前、長谷川先生にグラグラしてますねって言われてた歯です。やっぱり本当にグラグラしていてとても気になります。


Doc.:いかがですか?まずレントゲンを撮りますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<レントゲンを見ながら>
Doc.:周りにもやもやしているのができてきているでしょう?だんだん骨ができてきているんですよ。移植の位置も問題ないですね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Ako:奥の歯がグラグラしているんですが。
Doc.:もともとそんなに埋まっていないんですね。
Ako:こういうのって、矯正で下に降ろすことはできないんですか?
Doc.:できますが、非常に難しいです。うーん、これは移植をした歯の周りに骨ができてくるので、同じようにできてくる可能性はありますが…少し様子をみましょう。
Doc.:とりあえず今やるべきことは、移植をした歯をひたすら固定することです。
■本日の処置

●接着材を取る
●抜糸する
●また接着材で固める

Doc.:まず右下の糸を取っておきましょう。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <接着材を取る>
Doc.:タービンで削りますからガリガリ言いますが我慢してくださいね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <左下の抜糸>
Doc.:イスの位置を変えますね。
Doc.:歯茎の状態は問題ないですね。
Doc.:接着材を取りました。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <Ako確認>
Ako:黒いのは何ですか?虫歯ですか?
Doc.:接着材の中で出血した血が固まっているんです。もう一枚レントゲンを撮りますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:根の方も大丈夫ですね。
Ako:左下の歯から臭いがします。
Doc.:仕方ないですね。血の臭いと一週間磨けなかったからですね。でも!そう言ってゴシゴシしちゃだめですよ。
Ako:ハイ!
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:ではまた接着材で固定します。
Doc.:舌はどうですか?内側気になりますか?
Ako:大丈夫です。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<前後の歯の噛み合わせを調整> <鏡で確認>
■説明
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 ・神経は遠いところにあるから気にしなくて大丈夫。
・食べ物が挟まるかもしれないけれど、絶対にゴシゴシしないで、軽くすすぐ程度で。
・3ヶ月ぐらいは、今日のような処置を繰り返し、固定の状態、歯茎の状態を見ていく。
・初期段階はクリアしているので、これからは骨が出来るのを待つ。
■右上の虫歯
Ako:5番と6番の間のところに(歯が動いて)虫歯が出てきたので、治療しやすいように5番を前方に移動させているんですが、治療していただけますか?
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:どこですか?ああ穴が開いてますね。ワイヤーも付いているこの状態で治療は出来ますが特に急がなくていいでしょう。次回治療しましょう。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2006/09/22 9時30分

■本日の感想■
何度もゴシゴシしないように!って言われました。(笑い)よっぽどゴシゴシすると思われてるんですねー。したい気はすごくあるけど、やりません。我慢します。

投稿者 shino : 03:32 PM | コメント (0)

August 24, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第7回 移植

本日のメニュー

■右下5番の処置
■左下6番の処置
■いよいよ移植!
■右下の抜歯窩と左下移植歯の周りを縫合
■移植歯の固定
■本日の移植についての説明
■今後の予定
■Ako日記■

8月4日 右下につけた矯正装置のお陰で、移植する歯が上がってきました。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所
というのも隣の歯と接していた部分が虫歯になっていたようで、黒くなっている部分が見えてきました。移植の前にこの虫歯の治療はしていただけるのか、今度の質問に。

8月8日 鈴木先生につけていただいたS字フックが歯肉に埋もれてきている気がします。引っ張るはずが引っ張られているのでは?

8月15日 抜歯した箇所のスペースを保つために詰めていたものが外れてしまいボンドでつけるだけとのことで、すぐに長谷川先生の所へ処置をお願いに伺いました。10分ほどで完了しました。

8月17日 食事の時、右側で噛むと移植する歯が高くなっているせいで、歯ぎしりとなり感覚が残り、気持ちが悪いです。

8月21日 最近は顎のガクガクが無く、痛みもない。

8月22日 抜歯した箇所の歯肉が少し痛く、よく見ると、歯肉が赤く歯槽膿漏のように見えました。不調のまま移植でよいのでしょうか?


Doc.:今日は先にレントゲンを撮りましょう。現在の状態を確認します。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <レントゲン>
Doc.:だいぶ骨が出来てきましたね。移植後は、クラウンを被せることになります。歯ブラシがしやすいようにと言うのが目的のひとつなので、そのように形を整えますね。
Ako:右下の5番が引っ張り上げられて出てきたんですが、虫歯になっていました。
Doc.:これは落ち着いてから治療をしましょう。
Ako:今日の移植は麻酔をしますか?
Doc.:します。右と左両方麻酔をします。
Ako:そうですか。神経を取ったから麻酔なしでも平気なのかと思って楽しみにしてたんだけど…。
■右下5番の処置
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
Doc.:ワイヤーとブラケットを外します。ちょっと音がしますよ。
Doc.:バンドを外します。
<麻酔>
■左下6番の処置
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<舌に当たらないよう金具をつけて…>
Doc.:5番から7番にしていた、つっかえ棒を取ります。
<麻酔>
■いよいよ移植!
Doc.:では、右下の5番を左下の6番の位置に移植します。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<ゆっくりゆっくりそっと丁寧に、抜歯>
<抜けました!キレイな歯です。そしてすぐに戻す!>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<左下の歯茎を切り開く準備>
<少しずつ骨を削る〜抜歯した歯を入れてみて、位置を合わせる>
これを何度か繰り返す。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<レントゲンでも深さなどを確認> <Akoさんも確認> 移植成功!↑右下はポッカリ穴があきました。
■右下の抜歯窩と左下移植歯の周りを縫合
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:糸や針が顔に付くと良くないので、穴あき布をします。
Doc.:明日、すずき矯正歯科で装置を入れるなら、穴を寄せる程度に縫合しておきます。
■移植歯の固定
Doc.:では接着材で固定していきます。最も大事なのが初期固定なんです。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <接着材をつける。結構つける>

Doc.:咬み合わせたまましばらくじっとしておいてください。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <また接着材をつける>

Doc.:周りをすべて接着材で固めてあります。
Ako:食べかすは詰まりませんか?
Doc.:大丈夫です。周りをガチガチに固めました。
■本日の治療についての説明
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <絵を描いて説明>
■注意事項

●抜歯窩では、血が固まってゼリー状になり、これが骨になります。これが無くなると治癒がおくれるので
 ・強いうがいをしない。
 ・吸い出さない。
 ・舌で触らない。

●左下の移植したところは、
 ・初期固定が何より大事なので、動かさない!
 ・大きいお口を開けない。
 ・歯茎の方にも接着材がついているが、はがれやすいので気をつける。

●両方とも、縫合したところに糸が出ているけれど、触らない!
■今後の予定
・約10日後に、左下5番、右下6番とも抜糸。
・接着材を一旦外す。まだグラグラなので、もう一度接着固定。
・レントゲンで確認しながら、3ヶ月ぐらい固定する。
・3ヶ月ぐらいして、固定を外すと、歯は勝手に安定する位置へ移動するので、その後補綴(クラウンをかぶせる)。

Doc.:ご心配なことはありますか?
Ako:ありません。
Doc.:では終わりましょう。右下の抜歯窩は30分ほどで血がとまるでしょう。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2006/09/01 10時

■本日の感想■
長谷川先生は、今何をやっているかを説明しながら治療をしてくれるので、本当に安心できます。例えば、今ワイヤーを外してますよ、とか、ブラケットを外してますよとか言ってくださるので、こういう器具を使ってるんだなとか想像ができます。麻酔なしなんてとんでもなかったですねー。最後の方は麻酔が切れてきて少し痛かったです。移植が順調に終わってホッとしました。

投稿者 shino : 10:48 PM | コメント (0)

August 01, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第6回 移植の下準備

本日のメニュー

■抜糸
■移植の説明
■Ako日記■

7月21日 長い間不快だった左下の虫歯を抜いた。右下3本のブラケットにワイヤーもいれたのですが、抜歯のことで頭がいっぱいに。帰宅後は、おみやげのボロボロにくだけた歯を組み合わせたり、ペンチを持ってきて冠を外そうと頑張ってみたり。(研究熱心…)子供達は側で呆れ顔でした。

7月22日 抜歯後は青あざにはなりませんでしたが、左顎が腫れました。抜歯のあとがムズがゆいので吸い出したい気持ちですが、ダメとのこと。食事は右側で噛むようにと言われたのですが、右下の歯にはワイヤーをかけたばかりなので、こちらは痛くて力を入れて噛むことが出来ない。

7月23日 今日も腫れとかゆみで終わる。タワシで思いきりこすりたいようなかゆみです…。

7月24日 4日目ですが顔はこぶとり母さんのまま。かゆみも続く。頂いた痛み止めを飲むとこのかゆみも止まるのかしら…?

7月25日 抜歯前には不快だったのは臭いもあったからなのですが、抜歯後もそれが続いているようで、歯槽膿漏でしょうか。

7月26日 縫っているので、その部分は歯磨きしてはいけないとのことでしたが、毛量の少ない歯ブラシで周辺ギリギリまで磨く。

7月27日 顔の腫れ、気付かない程度となりました。抜歯後のかゆみも半減。移植する歯も0.5ミリくらい出てきた気がします。

夜、歯磨き後、歯ブラシに白い3センチぐらいのヒモ?糸?のようなものが、からみついていて、抜歯した部分から縫合用の青黒っぽい糸が出ているのを舌で感じ、鏡で見てみました。ポッカリ穴が…。縫ってくっついているはずが、取れてしまったと思われ、夜10時頃でしたが、慌てて長谷川先生に連絡を取ったところ、「大丈夫です」と。ホッとしました。

7月28日 夕べの出来事で口の中が一気に楽になっています。

7月29日 口臭が減ったというより感じなくなりました。

7月30日 糸がまた一本歯ブラシにからみ、抜けました。

7月31日 自分で抜糸したいくらい…。糸がもう1本、内側に出ています。


Doc.:先日装置を着けた右下はいかがですか?
Ako:矯正の痛みがありましたが、今は落ち着きました。
Ako:先日は遅くに連絡してすみませんでした。
Doc.:糸が緩んできたんですね。糸が緩むというのは、腫れていないということなので大丈夫ですよ。腫れていれば、ピンと張って緩むということはないですからね。ご安心ください。
Ako:わかりました。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<かみ合わせCHECK> <かみ合わせの調節〜OK!>
<抜糸>
Doc.:普通に食べて大丈夫ですからね。
Doc.:では、右下の歯の形を整えておきましょう。


Ako:右下のバンドの内側が少し尖っている感じがします。
Doc.:わかりました。調節しましょうね。どうしても歯のカーブとバンドのカーブはピッタリ合わないんです。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<調整〜磨く> <触診>
Doc.:あと少しだけですが、装置が着いていますから我慢してくださいね。
Doc.:では傷が癒えるのを待って次回移植しましょう。右下5番の歯を左下6番に移植しますが、5番の歯を90度回転させて移植します。その方がきちんとおさまりますからね。
Ako:歯の間に食べ物が挟まったりしませんか?
Doc.:大丈夫。ガチガチに固定しますから。それで10日ぐらいして抜糸します。歯の動揺次第ですが、2ヶ月ぐらいはそのままにしておきます。その後、固定をとると、歯は勝手に自分が落ち着く位置に動いていきます。
Ako:わかりました。よろしくお願いします。

次回の予約:2006/08/24 10時

■本日の感想■
次回はいよいよ移植!長谷川先生にお任せしているので不安はありません。むしろ、楽しみで嬉しいです。

投稿者 shino : 08:16 PM | コメント (0)

July 21, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第5回 移植の下準備

本日のメニュー

■ワイヤーの装着
■左下6番の抜歯
■Ako日記■

7月5日 今日はワイヤーを交換しても引っ張られる痛みが全くない。

7月6日 移植の準備のため、長谷川先生に右下の3本の歯にブラケットをつけていただいたが、唇にあたり気になる。

7月7日 3本につけたブラケットの一番奥が取れてしまいました。

7月9日 口を開けると左顎がかなり痛い。まっすぐ開かない。右上の引き出す歯もまだ見えそうにありません。

7月18日 口を開けた時の顎の痛みがずいぶん無くなっている。


Ako:金属が入っている右下6番に着けたブラケットが取れてしまいました。食べ物が挟まってゴシゴシやってしまったんです。
Doc.:そうですか。金属には着きにくいんです。今度は取れないように、バンドを着けましょう。上の歯に着いているものと同じタイプのものです。

Doc.:では本日は、まずバンドを着けて、ブラケットにワイヤーを装着します。次に、左下6番の抜歯です。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <バンドを着ける>
Doc.:くっつけるのに使っているセメントは舐めると酸っぱいですよ。でも飲み込んでも害はありませんからね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <はみ出ているセメントを削る>
Doc.:ガリガリいって響きますよ。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<ワイヤーを着ける…途中経過> <完了!>
<Akoさんも確認>
Doc.:ワイヤーの端はカバーして歯茎にあたらないようにします。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <←ヌリヌリ>
Doc.:食べたものがはさまっても無理矢理とらないようにね!

Doc.:では抜歯ですが、まず麻酔をして、抜歯。その後骨が下がらないような材料を入れて、縫合します。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <麻酔〜効くまで休憩>

Doc.:麻酔は1時間ほどで切れるので痛み止めと抗生剤を飲んでおいてください。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:金属の土台が入っているので割れるかもしれません。周りの組織を壊したくないのでゆっくり出しますね。
<抜歯>  <思わず顎を押さえる…>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <やっぱり割れた。最終的には10コぐらいに割れたのをすべてキレイに取り出す>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <縫合>
Doc.:糸や針が顔や髪につくと良くないので、穴あき布をかけておきますね。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 ・ 不良肉芽と言う炎症性の組織も取る。
・ 骨の整形

Doc.:周りの歯茎を寄せて覆えるようにしました。

・ 材料を詰める
・ 縫合
・ 止血までちょっと待つ
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <こんな感じ…抜歯跡に縫合した糸が見える>
Doc.:では、前後の歯が倒れてこないように、また、抜歯窩を守るために、レジンでつっかえ棒をしておきます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <安静に保つため前後の歯につっかえ棒のようなものを渡し、完成>
Doc.:骨性癒着していましたね。時間が経つほど歯茎が治ります。今日見たところでは3週間ほど置いた方がいいですね。それまでに抜糸に一度来てください。

●注意事項
・食事は普通で良い
・大きいお口を開けない
・強いうがいをしない

Doc.:少し経ったら血のゼリーができます。それが骨になって肉になって治っていきますので、血のゼリーがとれないようにうがいは軽く、すすぐ程度にしてください。


Doc.:お疲れさまでした。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2006/08/01 10時

■本日の感想■
抜歯した歯、ボロボロでしたが持ってきました…。ワイヤーを着けたところが早くも動いている気がします。

投稿者 shino : 09:18 PM | コメント (0)

July 06, 2006

〜長谷川歯科診療所〜 第4回 移植の下準備

本日のメニュー

■歯の根の処置
■ブラケットの装着
■今後のこと
<
Doc.:以前、処置をした右下5番はいかがですか?お痛みはなかったですか?
Ako:処置していただいた当時はありました。沁みたりしていましたが、もう最近は全然ないです。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:移植をした際のトラブルと言うと、歯の根が骨に吸収されるということがあるんです。神経をあらかじめとっておくと、そういうトラブルが起きません。今日は右下5番の神経をとりますね。
■歯の根の処置
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <神経の治療にはかかせない、ラバーダムをして…>
Doc.:お痛みありますか?麻酔は効いてきましたか?
Ako:効いてきました。
治療開始! 神経を抜きます。
<麻酔を打ちます>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <わずかに見える、先っぽについているのが神経です!!>
密着矯正治療/長谷川歯科診療所密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <神経が抜けた穴の中をキレイに掃除します>
Doc.:神経は図で見ると1本みたいだけど、実際には枝分かれしているんです。それらの中もキレイにします。また、薬を入れやすくするために、表面をなめらかにしています。

Doc.:唾液の中にはばい菌がいっぱいでしょう?唾液が神経のあとに入ると困るので、ラバーダムは必ずしなくちゃならないんですよ。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 Doc.:ハイ。きれいになりました。確認してください。
Ako:(顕微鏡でAkoさんも確認)ふーーん(としか喋れない)
Doc.:では、薬をつめていきます。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <薬をつめる>

Doc.:歯の真ん中に穴を開けて処置しましたので、コンポジットレジンを接着してさらに光照射して固め、穴を閉じます。これで歯牙と材料が完全に一体化します。
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 <形を整えて終了!>

Doc.:これで、移植後に歯の神経が原因となる根の吸収によるトラブルはありませんよ。では、引っ張りあげる分だけ上を削ります。

Doc.:次にブラケットを右下4、5、6番に装着します。装置は、透明のプラスチック製です。何週間かのことなので、そんなに邪魔になることはないと思います。
■ブラケットの装着
密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所 密着矯正治療/長谷川歯科診療所
<透明なのでわかりにくいが…> <位置確認をして…> <ボンドをつけて、ブラケットを装着!> <できあがり!>
■今後のこと
Doc.:ワイヤーは次回装着します。右下6番に金属が被っているので、ブラケットが外れるかもしれません。念のため一週間ほどおいて、外れないのを確認してからワイヤーを着けましょう。

Doc.:さて、今後のことですが、次回、左下6番の抜歯をし、右下の方にワイヤーを装着して引っ張り上げるのを始めます。その1〜2週間後に移植をします。それからもう一度抜糸にきていただかなくてはなりません。

Ako:抜歯後、1〜2週間も置いておいて大丈夫ですか?
Doc.:大丈夫ですよ。1〜2週間で埋まってしまうなんてことはありません。
Ako:移植した歯が定着したかどうかといことは、いつわかるんですか?
Doc.:1〜2ヶ月毎にレントゲンを撮って追っていけばわかります。でも、本当に定着したかどうかっていうのは、何年も何年も先のことですね。
Ako:わかりました。よろしくお願いします。
Doc.:では今日はこれでおしまいにしましょう。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2006/07/21 10時

■本日の感想■
久しぶりに長谷川先生に診ていただいたけど、本当に丁寧にやってくださったのがよくわかりました。いよいよ移植ですね!次回は抜歯だし、本格的になってきました。嬉しいです!!

投稿者 shino : 05:04 PM | コメント (0)

November 22, 2005

〜長谷川歯科診療所〜 第3回 むし歯治療

本日のメニュー

■むし歯チェック
■左上5番のむし歯治療
■右下6番のむし歯治療
■ 左下7番に問題が…?

Ako日記
11月18日 埋伏歯の位置を確認するためのCT撮影に八重洲のCTセンターへ行って参りました。歯の部分だけなので着替える必要も無く、撮影は10分足らず、その後1時間待ってネガを受け取って帰りました。

11月20日 毎日はりきって音波歯ブラシを使っているのですが、しっかり磨けるせいでしょうか、左下6番と7番から出血もし、痛いようなむず痒いような…。やっぱり早く抜いて頂きたい。

Doc.:先日、処置をした右下の5番はいかがですか?
Ako:今はもう落ち着きましたが、しみて痛かったです。特にキウイを食べた時!
Ako:この歯の神経はどうするんですか?
Doc.:歯冠部分をもう少し削る必要があれば、神経が出てくる可能性があるので、その時は取った方がいいですね。移植後に取る可能性もありますしね。

■むし歯治療が必要な歯をチェック!
Doc.:左下6番がまた随分落ちていますね。歯ブラシでゴシゴシしていませんか。
Ako:音波歯ブラシにしてみたんですが、血が出たり痛くなったりで…。
Doc.:右下6番と、左上5番、2本の治療が必要ですね。

■左上5番のむし歯治療
h3_2.jpg Doc.:麻酔の注射をします。効いてくるまで1〜2分待ってくださいね。
h3_4.jpg ----レーザーによる形成後、接着前にレーザー照射面を一層削去する
Doc.:患部が歯茎の下なので、ラバーダムはできません。
----コンポジットレジンを詰めて治療。削って形を整える。形の整え方が拙いと歯の表面にヘンな盛り上がりができることがある。この盛り上がりができてしまうと、歯みがきがしにくくなり、またむし歯ができてしまうのだ。

Akoさんの歯は、表面に盛り上がりもなく、とてもキレイに完成!

■右下6番のむし歯治療
h3_5.jpg Doc.:下の歯には先ほどと違って歯根膜麻酔をします。一般的には下顎の奥歯には舌半分と唇まで痺れる麻酔を使用することが多いですね。この麻歯根膜麻酔は量が少なくてすみますし、歯1本にだけ効かせることができるので、唇まで痺れたりはしません。
h3_6.jpg h3_7.jpg
レーザーによる形成
レーザー照射面を一層削去する
Doc.:一般的にはレーザーを使用した形成には麻酔は必要無いと思われていますが、私自身がレーザーによる治療を受けた時には、軽い麻酔が必要と思いましたので、当院では必ず麻酔をしています。

----先ほどと同じように治療。

Doc.:右下の一番奥の歯のコンポジットレジンが盛り上がっていて形が良くないので削っておきましょう。
h3_9.jpg h3_10.jpg 削る器械。いろいろな大きさがある。何だかカワイイ!
Doc.:歯ブラシでゴシゴシこするとまた削れてしまいますからね。注意してください。

■ 左下7番に問題が…?
Doc.:左下7番がぐらぐらしていますね。ぐらぐらってことは、骨がないということです。かみ合わせかな…。細菌性ではないと思いますね。外傷性のような感じですが。歯ぎしりはしますか?
Ako:しません。
Doc.:左下6番の抜歯にあたって、7番の骨の問題は心配ですから、写真を撮ってみましょう。
h3_11.jpg Doc.:そーっとそーっと噛んでください。ハイ撮ります。

Doc.:骨がどれだけ残っているかが問題ですが、この7番の骨が減っていますからね。ぐらぐらしていると安静が保たれないので、骨が増えるのが難しくなってしまいます。
h3_12.jpg Doc.:歯牙の自家移植は極めて多くのステップをクリアして初めて成功する術式です。したがって100%成功するわけではありません。医療はなんでもそうですけれどね。たとえば、歯と骨が歯根膜を介さずに埴立してしまった場合などは、歯と骨がくっついてしまい全く揺れません。最初は成功したように見えますがしばらくすると、歯根が吸収してグラグラになってくるんです。
Doc.:移植がうまく行かなかった場合は、ブリッジにするか、インプラントにするか、義歯にするか。それを考えておく必要があります。しかし、どちらにしてもこの歯が不快でなくなってほしいと言われていた主訴は叶えられたということになります。

次回の予約:2005/12/05 10時 鶴木クリニックにて

本日の感想
むし歯治療をしてもらえて良かった。とてもキレイにできているようだし。長谷川先生の治療は、初めて経験するものが多いですね。今までの治療は本当に良かったのかなあと改めて思います。

投稿者 shino : 04:45 PM | コメント (0)

November 11, 2005

〜長谷川歯科診療所編〜 第2回 移植の下準備

本日のメニュー

■移植についての説明
 ▼右下5番について
 ▼左下6番について
 ▼今後のスケジュールについて
■口の中を診察
 ▼インレーを外す
 ▼シーリング



Ako日記

11月8日 昨日初めて鶴木先生にお会いし、歯磨きの大切さを丁寧に御説明頂きました。1回5分以上の「~ながらブラッシング」で口の中の雑菌をなるべく増やさないように、とのことでしたがなかなか出来ることではないですね。今度は長谷川先生の治療日です。

h2-1.jpg
Doc.:スプリントの効果はいかがですか?
Ako:顎の調子が随分よくなりました。口を開ける時に、「S」字になっていたのが、「く」の字になりました。
Doc.:鈴木先生と話し合って、右下の5番を左下の6番に移植するのがいいだろうということになりました。左下の6番を抜歯しますが、その理由は以前来院された時にAkoさんも仰っていましたが、この歯が不快でお気に召さないということですね。
Ako:ハイ。気持ちが悪いので抜歯してほしいです。

■移植についての説明
▼右下5番について
Doc.:まず右下5番を抜歯するにあたって、ただ抜くだけだと歯根膜を傷つける事が多いので、矯正装置をつけて何週間もの長い時間をかけて抜歯するようにします。歯は直接骨に埋まっていますが、さらに歯根は歯根膜に包まれています。この歯根膜の役割はだいたい3つ。噛み合わせの力に対するクッション、センサーの働き、骨を誘導することです。何週間もかけて、少しずつ矯正力を使って抜歯すると、歯根膜が長くのびながらついてきます。このように歯根膜が増殖した状態ですと抜歯しやすくなりますし、移植先では周囲の骨を誘導して移植の成功率が高くなります。

Doc.:通常は矯正力で抜歯するためのスペースを得るために歯冠部分を少し削りたいんですね。しかしAkoさんの場合は、幸い、というか、(笑い)金属(インレー)が入っています。それを取りますと5ミリぐらい削ったのと同じぐらいの高さになります。ただ、インレーを取りますと、神経までの距離がとても近くなりますので炎症を起こして痛みが出る可能性が高くなります。だから、神経を取った方がいいと思いますが、いかがですか?
Ako:神経を取って、移植後に何か影響はないのでしょうか。

Doc.:歯の移植で大切なのは歯根膜をいかに傷つけずに大量に残すかということですね。歯の神経を残したまま移植をしても、後に歯の吸収が起こる場合があります。炎症性の吸収と言われていますが、その原因が神経だということでその時点で神経を取るということが多いんです。歯根膜さえあれば歯の神経があるか、ないかはあまり関係ありません。

Doc.:では、心配があるようでしたら、今日はインレーを取り外して、神経は残して痛みが出ないよう上の部分をシーリングしておきましょう。
Ako:はい。お願いします。

▼左下6番について
Doc.:移植先の左下の6番は随分骨が減ってしまっていますので、こちらは抜歯後に骨を減らさない、できれば増生するような処置をしたいとおもいます。実際には抜歯と同時にスポンジ状のものを入れ、上からゴアテックスの膜を被せます。ただし、奥歯ですので膜を張るのは難しいかもしれません。

Ako:左下6番を抜歯して骨ができるのにどれくらいかかるんですか?
Doc.:大体6ヶ月ぐらいです。
Ako:その間に両側の5番と7番の歯は、6番が抜けたところに倒れてきたりしないんですか?
Doc.:抜歯の同日にコンポジットレジンでブリッジのような材料でつっかえ棒をして倒れてこないようにしますので大丈夫ですよ。

▼今後のスケジュールについて
Doc.:左下6番の方が骨の状態が落ち着くまでの時間がかかるので、先にしたいところですが、鶴木先生のところでする右上3番の埋伏歯の開窓手術と重ならないようにしたいですね。口の中に2箇所傷があると、やはりどんなに頑張れる人でも大変ですから。鶴木先生と相談して日程を決めますが、左下6番の抜歯を先にした方がいいでしょうね。今日は右下5番の下準備をします。

■口の中を診察
Doc.:ではお口の中を拝見させてください。
h2-2.jpg <歯科専用の手術用の顕微鏡>
Doc.:このシステムのいいところは、患者さんもどういう処置をしているのか見られることです。8割ぐらいの方が見たくないと仰いますがね。(笑い)Akoさんは見ますか?
Ako:見ます!見たい!↓こんな感じ
h2-4.jpg Doc.:歯みがきはまだゴシゴシやってますか?だいぶん減っていますね。電動歯ブラシを使われたらいかがですか?こんなに減らすことはないと思いますよ。

▼インレーを外す
h2-5.jpg Doc.:では、麻酔をしてインレーを取りましょう。中身はむし歯になっているようですね。この麻酔は歯根膜だけに効く麻酔で、通常の1/4ぐらいの量で済みます。
h2-7.jpg <むし歯チェック 数値26(ヴィーーーーンという音が鳴る)>

Doc.:20以上の場合は直ちに治療が必要だということです。このシステムはむし歯の深さと方向を数値と音で表します。
h2-8.jpg <むし歯のところだけを削ることができるレーザーで処置>
<むし歯チェック 数値11(ヴイーーンという音が鳴る)>

Doc.:この数値は10以下でOKという先生もいますが、2〜3まで減らさないと、という先生もいます。もう少しやりましょう。
h2-9.jpg <レーザーで少し削る→むし歯チェック 数値3!(音は鳴らない!)>

Doc.:他にもむし歯が多いですね。時間があれば治療した方がいいですね。

他の歯のむし歯チェックをすると・・・数値39!キャー!

▼シーリング
h2-10.jpg Doc.:では、シーリングしましょう。ラバーダム(ゴムのマスク)はしたことがありますか?
Ako:???
Doc.:ばい菌は唾液の中にいますから、唾液と隔離した状態で治療をしないと意味がないんです。学校で保存の実習で最初に教わるのがラバーダムなんですよ。歯の神経の治療では絶対必要です。今日は神経の治療ではなく接着をするんですが、唾液が入ると接着強さが低下するので使います。
<レーザー照射面を一層削去する→接着剤を塗る→コンポジットレジンをつめる→少し上を削って形を整える>

Doc.:これで前準備は終了です。3〜4ミリ低くなりましたから、この分ぐらいを引っ張り上げましょう。注射をしたところは刺し傷ですから、2〜3日は痛むかもしれませんし、冷水などにも敏感になるかもしれません。心配なことはありますか?
Ako:今日の治療ではないんですが、他の歯のむし歯が心配です。
Doc.:そうですね。歯みがきをキッチリしていると、治ることはないけれど進まないんですがね。心配なら治療をした方がいいですね。それでは次回しましょうか。その後に鶴木先生の治療との時期を見て、左下6番の抜歯をしましょう。では、今日はこれでおしまいにしましょう。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約:2005/11/22 15時

本日の感想
むし歯が気になるー!39だった?ショック…。数値で出るとわかりやすいけど、ショックも大きいですよね…。でも今度治療してもらえるので良かったわ。ラバーダムしたらどんな顔になってたのかな。写真を早く見たい!あんなの初めてでビックリしました。今までの歯医者での治療ってどうなのかなーなんて思っちゃいました。

先生が麻酔は少量と仰っていたけど、ホント、タラコ唇になってない!いつも歯医者で麻酔を打たれると数時間は麻痺がとれなくて唇に力が入らないという感じだけど、全然。普通です。もちろん口の中は少し痺れてるかなという感じはしますが。とにかく全然違います。それに「麻酔注射したところは刺し傷ですのでお痛みが出るかも…」なんて今までの歯医者では言われたことないです。長谷川先生は本当に丁寧で親切で安心感があります。

投稿者 shino : 10:51 PM | コメント (0)

July 21, 2005

〜長谷川歯科診療所〜 第1回 初診相談

本日のメニュー

■レントゲン撮影
■問診
■診療室でレントゲンを見ながら診察
 ▼口腔内全体の所見
  1.歯の数の説明
  2.顎の関節の説明
  3.左右3番の歯の仕事
  4.埋伏歯について
  5.移植について
  6.顎関節のクリック音の原因
  7..左下6番について
 ▼口の中を診て診察
  1.左下6番について
  2.左下6番の治療法について
  3.Akoさんの希望
  4.左下6番の具体的な治療法の案


Ako直前感想
自由診療の歯医者なんて初めて!普通の歯医者さんとどう違うのかな。


■レントゲン撮影
h1-1.jpg
■診察室に入る前に問診
h1-2.jpg Doc.:顎の音がするのは左右どちらですか?
Ako:どちらもです。
Doc.:長時間、口を開けていられますか?
Ako:少し辛いです。
Doc.:スプリントはどれくらい着けていますか?
Ako:21時から6時までです。
Doc.:以前、矯正治療されたことはありますか
Ako:はい。その時も顎は鳴っていました。欠伸をする時にガクガク鳴っていたのと、正中がずれていたことが気になっていて、治療しましたが、最後までやっていません。
Doc.:左下6番のむし歯治療は何年前?
Ako:6年前でしょうか…。
■診療室でレントゲンを見ながら診察
▼口腔内全体の所見
h1-3.jpg 1.歯の数の説明

Doc.:歯は、親知らずを抜いて28本ありますが、Akoさんは歯数が揃っていないですね。
Ako:以前の矯正治療で左上下1本ずつ抜歯したのと、埋伏歯があります。
h1-6.jpg 2.顎の関節の説明

Doc.:顎の関節は特殊で、体の中で唯一左右同時に動く関節なんです。骨と骨が直接あたると磨り減ってしまうのでクッションになる円盤がある。それは体中同じです。大きく口を開けた時閉じる時に、関節円盤がついてくるとスムーズに動くんですが、ついてこないと様々なトラブルを引き起こします。
3.左右3番の歯の仕事

Doc.:口を開ける時にガイドになる3番目の歯がかぶせてありますね。正常に誘導していれば、左右同じ形、角度になってくるはずですが、Akoさんの場合は左右が違いますね。歯数の違いからも、かみ合わせがおかしくなっている可能性があります。

4.埋伏歯について

Doc.:埋伏歯は歯肉を切開した後で、レーザーで骨をパチパチと開けて、歯にフックを接着し矯正装置を着けて引っ張り出すという方法があります。外科手術ですが、そんなに大手術ではない。もっとも患者さんにとったら大手術なのかもしれませんが、特殊な症例というほどではありませんので安心してください。
h1-4.jpg 5.移植について

Doc.:埋伏歯が使える歯だと仮定すると抜歯して、他の場所に移植という方法もあります。ただし、いろんな条件があって、移植する歯の状態、移植する場所の状態がどうなのか、判断がむずかしいですね。
例えば、まず矯正治療をして右上4、5、6、7番を後ろへ下げて、埋伏歯が入るスペースを確保し、そこへ埋伏歯を外科手術で抜歯して、スペースに移植するということも考えられます。ただし、現実的に4本を後ろに動かして1本分のスペースを作るというのは難しいですね。

Ako:右上3番目の悪い歯はいらないので抜歯して、埋伏歯が使えるのなら入れ替えたいと思っているんですが。
Doc.:そうですね、それが現実的ですね。ただ、3番目の歯というのは、とても大切な歯であると言われています。前から3番目に位置する歯が悪いからと言って抜歯すると言うことは、何らかのトラブルが出る可能性もありますね。歯にはそれぞれ与えられた役割がある。埋伏歯が取り出せたとして、その歯が4番だとすると、3番目の歯の代用ができるかどうか…。ただ、埋伏歯の根がしっかりしているとすれば、取り出して使う価値はあるでしょう。

6.顎関節のクリック音の原因

Doc.:クリック音の原因は、左右の歯数の不一致から上下の歯の噛み合わせの位置と顎関節の位置のずれからきているのではないかと考えられます。

7.左下6番について

Doc.:左下6番の歯で困ることは何ですか?
Ako:気持ちが悪いことが一番です。腫れることはありませんが、食べ物が詰まったりして。歯間ブラシでゴシゴシやってしまいます。かぶせてあるので中がわからないけれど、むし歯になっていると以前歯医者で言われたことがあります。あとは、歯肉の黒ずみも気になります。
Doc.:歯肉が黒いのは歯の土台が銀合金だからですね。銀のアクセサリーが黒くなったりするでしょう?硫化しているんです。完全には戻らないと思いますが、かぶせもので何とかなるでしょう。
■口の中を診て診察
h1-7.jpg 1.左下6番について

Doc.:周りの骨が落ちていますね。奥歯は根が2本に分かれていて、普通はその股の少し上まで歯肉で埋まっていますが、Akoさんの場合、左下6番は2本の股のところが歯肉より上に出ています。最初から診ていないので確かな原因は分かりませんが、歯間ブラシをやりすぎて下がった可能性もありますね。
h1-8.jpg 2.左下6番の治療法について

Doc.:骨を元の位置に戻すのは大変難しいんです。ひとつの方法としては、歯を少しずつ引っ張り出すんです。すると骨がくっついてくる場合が多い。歯と骨の間に歯根膜がありますが、歯を上に上げると伸びてついてくる歯根膜に誘導されて骨が作られることがあるんです。ただし、問題は歯は植わっている部分が大きければ大きいほど安定する。ですからぐらぐらになる可能性があります。もちろん、すぐに抜けてしまう訳ではありません。
Doc.:それと恐らく頬側の骨は吸収されているが、舌側の骨はそんなに吸収されていません。逆に舌側まで開いていて貫通しているとお手入れもしやすくなるんですが。

Doc.:出血しやすいということは 炎症性の組織、不良肉芽がある可能性が高いということですね。これは、免疫がグッと下がると腫れてきたりします。これ以上骨を吸収させないようにするには歯茎を開けて不良肉芽を掻爬することが必要になるでしょう。

Doc.:この左下6番の問題はむし歯ではなく、骨の状態ということですね。
h1-10.jpg 3. Akoさんの希望

Ako:私の気持ち的にはスポッとなくなってほしいんですが。抜歯してインプラントという治療法はどうなんでしょうか?

Doc.:インプラントというのは、骨に直接ネジを埋めて、その上に歯のように見えるものをかぶせるというやり方です。ということは、骨がきちんとあるかどうかが問題ということなんですね。だから周りの骨がよくない状態ですと難しいです。
h1-9.jpg 4. 左下6番の具体的な治療法の案

a:歯石を取って、腫れ上がっている歯肉を落ち着かせる。
b:歯茎を開けて不良肉芽を掻爬する手術をする。この時に骨の状態を実際に触って診ることができます。
c:歯肉がなおるまで一ヶ月程度様子を見る。
d:その後抜歯するかどうかの判断。
e:抜歯するとして、その後の補綴を考える。例えば他の歯牙を持ってきて再植する、またはインプラントにする。
Doc.:抜歯して不良肉芽を掻爬すれば血が出ることもなくなるし、骨がこれ以上吸収されることもない。さらに骨がある程度戻る可能性もあるので、そうすれば、歯牙を移植することも、インプラントも可能性が大きくなります。特に、右下の4番か5番を抜歯して、ここに再植できれば左右の歯数が揃うという利点もあります。もちろん大きさも形も、もともとの6番とは異なりますから、クラウンをかぶせて大きさや、噛み合わせの調整を行う必要がありますが。
また、医療ですから100%ではない。きちんと抜歯できるかどうか、再稙がきちんとできるかどうか。失敗もあるということをご理解ください。

Ako:現在、スプリントで治療中なんですが、同時進行できますか?
Doc.:それは可能です。私から鈴木先生にお話ししてみましょうね。治療方針が具体的になれば治療期間や費用のお話もさせていただきます。
Ako:ありがとうございました。

次回の予約は鈴木先生と相談のうえ決める

本日の感想
丁寧な先生ですね〜。いろんな方法があることが分かって勉強になりました。抜歯から移植や不良肉芽の掻爬などすごい話になってきて自分でも驚いています。鈴木先生にも相談してじっくり考えないと!

投稿者 shino : 09:31 PM | コメント (0)